スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の身は自分で守りましょう

9月29日(火) 晴れ 朝5時30分の気温23℃


9月29日のマニラ新聞から

台風被害

洪水などによる死者140人、32人が行方不明。ルソン地方リサール州に被害集中

 ルソン地方中部を横断した台風オンドイ(16号)の豪雨、洪水被害で、国家災害対策本部(NDCC)は28日、同午後4時現在で140人が死亡、32人が行方不明となり、合わせて170人を超えたと発表した。被害が最も甚大なのは同地方リサール州で、死者・不明者合わせて102人と全体の約6割を占めた。首都圏の一部地域では洪水発生から3日目となったこの日も冠水状態が続いた。その中、不明者捜索や救援物資の配給など政府関係機関の救援活動が本格化した。

 NDCCによると、台風の被害を受けた被災民は約45万3千人(約9万世帯)。このうち約15万2千人(3万世帯)が学校などの公共施設に避難した。

 死者140人のうち82人がリサール州で確認された。そのほとんどが洪水や土砂崩れに巻き込まれて死亡したとみられ、特にラグナ湖沿いの同州南・西部にある町を中心に死者が集中した。同州では20人が依然、行方不明となっている。

 さらに首都圏北部に隣接するブラカン州で24人が死亡したほか、パンパンガ州で12人、ラグナ州で10人が死亡するなど、首都圏の周辺諸州での被害拡大が明らかになった。

 NDCCは首都圏での死者数を7人と発表しているが、マリキナ市だけで15人が死亡したとの未確認情報もあり、死者総数は今後さらに増える可能性がある。 

 こうした事態を受けて、軍・警察など政府関係機関はこれまで、被災地へトラックやゴムボート、給水タンク車など200台以上を派遣、避難所にコメなどの食糧を配給するなど、救援活動を強化、同時に不明者の捜索にも取り組んでいる。

 しかし被害が集中したリサール州、マリキナ市へは洪水の影響で大渋滞が起き、被災地入りに手間取るなど、救援活動は難航しているという。

 一方、首都圏内の被害地域のうち、パシッグ市の一部地区やマニラ市キアポの幹線路下り坂部分などではこの日も冠水状態が残り、通行止めによる渋滞が続いたほか、住宅の2階での生活を余儀なくされる市民の姿も見られた。

 また、被害地域では水が引いた後も、洪水で運ばれたゴミが散乱したまま。深刻な洪水被害を受けたマリキナ市では、洪水に流されて積み重なった乗用車の残がい映像が地元テレビで映し出されていた。 [ 2009年9月29日のマニラ新聞 ] より



今朝6時のパラス
逕サ蜒・5564_convert_20090929075019

逕サ蜒・5565_convert_20090929075059
 

 今回の台風被害に際し、、日本政府は28日、被災者向けに2千万円相当の緊急援助物資を供与するそうです。 

 今回ラグナ湖が満杯になり、流れ込む水がはけ切れなかったようですが、立ち遅れているインフラ整備、フィリピン国も真剣に対策を考えて欲しいものです。

 
 台風の過ぎ去った後、昨日、今朝と風が有り、雨模様のお天気です。台風に向かって南西からの季節風の吹き込みが強まっているからのようです。

 早くお天気も回復し、被災地の1日も早い復興をお祈り致しております。

逕サ蜒・5566_convert_20090929075138


 この国で何処に行っても目にするのは、サンミゲールビールのラッパ飲みです。 サンミゲールビール社は国内のほぼ90パーセントを独占致しております。 この国ではビール=サンミゲールビールなのです。

逕サ蜒・4748_convert_20090929080321

逕サ蜒・4751_convert_20090929080436
 


 そしてこの国ではグラスを使わず、直接ビールの口元を口に当てるラッパ飲みが主流なのです。(笑)  ここで問題が、この国の人は瓶の口元が汚れているのを知っているのです。 義弟たちと飲む時も着ている下着とか、手で丹念に瓶の口元拭いています。また瓶の内側も指を差込拭いたりしていますよ、

 レストランやその他の店でも、備え付けのティッシュで口元を拭いているのをご覧になる事でしょう。
もし白いハンカチをお持ちでしたら、一度どの位汚れているか御確認下さい。 王冠の錆びも御確認頂けると思います。(笑)

 
逕サ蜒・4564_convert_20090831092541


 ここで邦人仲間であるバギオにお住まいのYさんの話を思い出しました。 或る時、唇がタラコのように腫れあがったそうです。病院に行っても原因が分からずいましたが、ビールのラッパ飲みを止めたら治ったそうです。 どうも瓶詰されたビールの保管状況に問題が有り、長期間眠った倉庫には、大量の鼠も生息し、糞尿をかけまくっているようだとの話をお伺いした事がありました。(笑)

 
逕サ蜒・3771_convert_20090804102122


 それに関連する事なのですが、フーストキッチン・レストラン・トロトロなどで食事をする場合、フォーク・スプーン・お皿などを、備え付けの昔の便所紙のような紙で拭いているのをご覧になると思います。(笑) 日本人的に考えればそのほうがよっぽど汚いと思えるのですが、(笑)


逕サ蜒・4461_convert_20090826045018
 
 
 この国の人は誰も信用していないのです。自分の身は自分で守りましょう。(爆笑)

theme : フィリピン
genre : 海外情報

カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。