スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食用カエル(牛ガエル)

6月6日(土) 雨 朝7時の気温25℃

 今朝7時のパラス
逕サ蜒・2089_convert_20090606161808
 昼12時のパラス
逕サ蜒・2090_convert_20090606161915
 午後2時のパラス
逕サ蜒・2091_convert_20090606162015
 
 夕べ、またまたイーグルリッジ.C.Cにてボウリングでした。

 出かける時から豪雨、近くに台風でも有るのでしょうか、走行も危ないですね、ワイパーで雨が掻き切れず、先が見えないのです。

 やっとの思いで到着すると大勢の仲間が、みんなキチガイです。どうしてこんなに熱中出来るのでしょうか、そう云えば、日本時代も廻りはキチガイばかりでした。(笑)

 ボウリング命の人ばかりだったのです。三度の飯より好きなのです。私もそうですが、(笑)

逕サ蜒・070_convert_20090605043035
 
 
 ゲーム終了後、プール脇を通りますと食用ガエル(牛ガエル)が「ブォ~ン ブォ~ン」と、何匹も鳴いていました。そばに居たガードマンに「美味しいんだよ!」と云うとキョトンとした顔をしていました。

 未だ食べた事がないんですね、そう云う私も食べた事は有りません。子供の時は戦後のドサクサの時代でした。

 住んでいた場所も利根川の近くで、周りは田園地帯でしたので、カエル捕りで生計を立てていた人が沢山いました。夕方になるとカーバイトのランプを頭に付け、胸元迄あるゴムの長靴を履いた商売人が、川や田んぼの中に出勤して行きました。(笑)

 そして捕まえたカエルを目方で買う卸業者がいたのです。近所に有ったその家にはドラム缶に入れられた、後ろ足が沢山有りました。後ろ足の発達した筋肉が美味しいのでしょうね、

 聞くとフランス国に輸出すると云っていましたっけ、フランス料理の中にはカエル料理が有りますね、味も鶏肉に似ているそうです。
騾包スサ陷偵・136_convert_20090606171825_convert_20090606171953

逕サ蜒・133_convert_20090606170428
 
 誰かフィリピン国でフランス料理店を出せば良いのでは、食材も豊富です。カタツムリも沢山いますよ、(笑)
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

パラカ

ダニエルさん!おはようございます!

こちらは晴天です、昨日まではグズツイタ天気だったのですが。

蛙!渡比した際は売っていれば必ず食します。
以前捕まえに行くと言い出したら、上さんにダメ出しくらいました
聞けば毒があるからとか?本当?今思えば!上さんは
一緒に行くのが嫌だったからの、適当だったのかも・・・・

食材として輸出してるのですかv-271 
そ~なんですか!勉強になります!!!なるほど!
また妄想のネタが増えましたv-218楽しそうv-91




若い頃、青山の高級スーパー「紀●国●」さんで、
鳥の腿肉と間違えて、蛙の冷凍を買ってしまいました。

レジの店員さんに「フロクッグですけど・・・?」と教えられて
冷や汗をかいた事を思いだしました。

そういえば、青山近辺には、高級フレンチ店や外人さんが
多く住んでましたから。

蛙・・・食べたくないですね(笑)                    

ソニーさん・こんにちは、

 >聞けば毒があるからとか?本当?今思えば!上さんは

 前、串にさして有るのを見た記憶が有ります。ただ食用のウシガエルとは違いました。この国では食用にする蛙は4種類位有るそうです。

 そういえば、ヒキガエル(イボガエル)を食べた日本人を思い出しました。子供の時から毒が有り、触るとイボが出来ると云われていた気持の悪い蛙です。

 皮を剥くから大丈夫だと言っていましたが、(笑)

 >食材として輸出してるのですか

 大昔の話です。でも今でもフランスでは輸入していると思います。アメリカザリガニも日本や中国より大量に輸入しているようです。

 食用ガエル(ウシガエル)は足が長く綺麗な蛙ですよ、(笑)

 新しいビジネスを展開致しますか、? 

 

sasbangbatoさん・こんにちは、

 >鳥の腿肉と間違えて、蛙の冷凍を買ってしまいました。

 日本人はあまり食べないですね、世界中で食べているようです。

 今度、フィリピンに来た時、食べてみますか?フランス料理のように後ろ足だけではないですよ、そのままの形で皮を剥がれているだけです。(爆笑)

 アヒルの孵化寸前のバロットを食べる国ですから、若い娘さん達があれを食べる姿ゾッ~とします。羽の生えているのもいるし、口ばしまで、(大笑)
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。