スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プー太郎でも強く生きれる国

7月10日(金) 晴れ 朝6時の気温26℃


 今朝5時40分のパラス
逕サ蜒・3053_convert_20090710064722
 
 この国と云うより、私の家族だけかも知れませんが、兄弟姉妹について生き方の意見はせず個人の意志は尊重するようですね、

 亡き義父もそうでした。自分の弟が定職も持たず、一生プー太郎的な生き方をしても黙認していました。(笑) 

 奥さんに2人逃げられ、子供を5人も作っても働こうとしない叔父でした。(笑) でも子供達(義理の従兄弟)はりっぱに成人しました。(爆笑)
 
 

 此処に来て我が大家族に大きな異変が起きています。

逕サ蜒・2401_convert_20090710054735

 
 2回ほど前触れが有ったのですが、10日前の事でした。近所の結婚式の際、遠い親戚の人から、誕生日会の御招待を受けたのです。

 場所がバタンガス州タリサイ、隣村ですがタガイタイよりタール湖畔まで、下りて行かなければならないのです。

逕サ蜒・2403_convert_20090710054836
 
 日光のいろは坂を下るようなもので、昨年、一昨年と3台のジプニーが崖から転落し、大勢の人が亡くなりました。

 我が家の老朽したジプニーですと危険なので私の車を出して欲しいと、私が誰れが同乗するのか聞いた所、ワランペラ妹夫婦(ワラン=無い・ペラ=お金) も一緒だとの事、私は完全に拒否します。

 この夫婦だけを断るのは悪いと云うので、「それでは止めましょう」と、中止に致しました。(笑)

逕サ蜒・2412_convert_20090710054923
 
 私にお金を借りてもすっ呆け、金が無いのに働こうとしない夫婦なんて乗せる事は出来ません。

 事あるごとに妻に云っても、働く働かないは個人の自由だからと、取り合わなかったのです。

 
逕サ蜒・746_convert_20090710055208


 そして先日、ここの息子が泣いて来たのです。此処の長男夫婦も同居していますが、長男には子供が2人、稼ぎは奥さんの収入だけです。

 実は2年前仕事帰りに失神し、その後も何度も死に掛けたのです。

 検査の結果心臓に穴が開いている事が解り、アルバイト程度しか出来ません。

逕サ蜒・025_convert_20090710055049
 

 ワランペラ旦那は老後、子供に頼る生活設計を立てタガイタイに移住して来たのです。そして長女に子供が4人も出来、仕送りも有りません。

 長男もこのような状態ですので、貰えるお金が次女だけになったのです。


逕サ蜒・862_convert_20090710055249
 
 
 長男が、以前はお金を渡すとニコニコしてくれたのに、今は冷たい態度を示す父親に悲しいと、いってきたのです。 どうも父親にののしられたようです。

逕サ蜒・863_convert_20090710055326
 

 私はこの事を聞いてから、妻に強く抗議しましたよ!、日本では子供の幸せを真っ先に考え、生きるのに、事情が変わったのだから、1ペソでも良いから働く努力をしなさいと、道路でパイナップルを売っても良いし、家の前に店でも出し、例え一日50ペソ(約100円)でも生きる努力をすべきだと、
 
 私はこんな家族を今後も助ける気持はさらさらないし、顔を見るのも嫌だと、すると妻は初めて、ワランペラ妹を呼び、「あなた達夫婦は怠け者だと、」私が云った事を全て話ししたようです。


 長くなりましたね、眠くなりましたので、また明日!

 
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

こちらの時間で今晩はです。

私の場合、妻側の親戚には、何もありません。
何時だったか、無くなった義理の母宛に比国の田舎から
手紙がきていて、皆、それが誰かしりません。
手紙、開封して呼んだら、親戚の親戚、まあ、殆ど他人、
ですが、一族にカナダに幸せ者がいると知って、助けてくれ
との話です。さすが、比国人の姉妹達も呆れていました。

こういう文化は、我々、日本人には理解できません。
文面では、息子が無実の罪で刑務所に入り、釈放には10万ペソ必要と書いてありました。
全く、何、考えているのでしょうかね!

ダニエルさんのご苦労、良く、分かります。

私の妻の場合、大学卒業して直ぐ、日本に来たせいか、どうかは分かりませんが、比国での生活、嫌っています。
まあ、感覚的にはもう、日本人ですね。

ではでは。

ダニエルさん こんにちは。

個人の意思の尊重には同意しますが、
相手がある程度の判断能力のある場合に限ります。

ワランペラ夫妻の場合、社会的な成人とは
認め難いですね。

「個人の意思の尊重」は見方を変えれば相手に対する
「無視」とも映ります。

また、相手が間違っているのに見てみぬ振りをするのは
個人の意思の尊重と言うより、「救済放棄」のように
感じられます。

他人ではなく、ファミリーなんだから、言い辛いことも言う
のが愛ですよね。

ワランペラ夫妻が奥様の忠告を受け入れ、
救われることを願います。

孝ちゃん さん。今晩は、

 この国は大家族主義、それもドロドロと絡まった関係なんです。それを嫌って、アメリカ・カナダに移住する人が親戚内にも大勢います。

 親戚にタガイタイで医院を開業した人がいますが、治療費の払えない親戚が大勢駆けつけ過ぎたので、潰れてしまいました。(笑)

 この国では親戚の定義が広過ぎますので、みんな親戚になってしまいます。それにニノン・ニナン制度も絡まってきますので、関係がなお複雑化しています。

 そして気持が優しい人達ですので、働かなくても最低限は生きて行けるのです。(笑)

 アメリカに移住した叔父さんですが、老後、このドロドロとした人間関係を懐かしみ戻ってきました。他にも戻って来た人大勢います。(笑)

 私もこんなドロドロな関係、よいと思え、幸せを感じる時、沢山有りますよ、(笑)

sabangbatoさん・こんにちは、

 >他人ではなく、ファミリーなんだから、言い辛いことも言う
のが愛ですよね。

 私が口を酸っぱくなるまで、いい続けて、初めて意見していました。他の兄弟も義母まで口をつぐんでいました。

 ワランペラ男には、血のつながりが無い為か遠慮が有ったように思います。

 この国には子供に頼ろうとする親が多すぎます。また子供も自分の幸せは両親を満足させる事と思っているようです。

ピー太郎のきらです。(笑)

ダニエルさん、こんにちは。

私でも強く生きられますでしょうか?(笑)

この前もマビニStの某両替所の斜め前のセブンイレブンの前で欧米人(噂ではノルウェー人)が地べたに座り込み英語で何か書いて有る紙のボードを掲げて物乞いしているのを見ましたが、チョットフィリピンでは異様な光景でした。

何でも連れ合いの女性に騙され、有り金全て取られた様な噂で、良く聞くストーリーですネ。

フィリピン人でしたら強く生きて行けそうな気も致しますが、我々弱者の外国人ではチョット厳しそうですネ。(笑)

おはようございます!
タカぼん~タコぼん原因は髪の毛が少なく成り
でこが光始めましたので改名、警部はショウタ
殿が付けましたので改名します。
なにとぞ よしなに!
フィリピン人に金を貸しても戻りませんね。
借りる時は頭を下げて来ますがイザ返すと
成ると居直ります。でも返してくれない方が
良いですね、次はそれを理由に断れますし
逆にお金が無くなったので大金を貸してほしいと
言いますと効果的です。
二度と来ませんよ!
貸す金は被害が少なくなるように値切って貸します

また親は子供を年金だと考えてますから当然子供に
金の仕送りを要求します
でも今まででしたら早死にしてくれましたが最近は
フィリピンでも寿命が延びてますので性質が悪いですね

何かに付け被害が少なくなるように頑張りましょう。
私の場合は親、兄弟が全面立ち露払いしてくれます。

毎日楽しみに見ています。

きらさん・こんにちは、

 お元気そうで何よりです。

 >私でも強く生きられますでしょうか?(笑)

 この国に来れば死ぬまで生きられますよ!(爆笑)

 >欧米人(噂ではノルウェー人)が地べたに座り込み英語で何か書いて有る紙のボードを掲げて物乞いしているのを見ましたが、チョットフィリピンでは異様な光景でした。

 どうせ良くない事が目的だったんでしょう。(大笑)
それもセットアップだったら笑えますね、
 一度見て見たい光景でしたね、日本人が物乞いするよりも絵になります。(笑) きっと自己責任ですね、

 >フィリピン人でしたら強く生きて行けそうな気も致しますが、我々弱者の外国人ではチョット厳しそうですネ。(笑)

 この国の人達は強いですよ、それを証拠に、この国の野良犬達、ガリガリに痩せています。残飯が出ないと言う事ですね、

タコ警部さん・こんにちは、

 警部はショウタ 殿が付けましたので改名します。

 なにか、ピッタシですね、ユーモアが有り暖かさも感じます。(爆ショウ)

 >フィリピン人に金を貸しても戻りませんね。
借りる時は頭を下げて来ますがイザ返すと
成ると居直ります。

 この国の人は誰も、返してくれるとは思っていないのですね、

 借りる人も始めから、返すつもりは、さらさら有りませんから、(笑)

 >また親は子供を年金だと考えてますから当然子供に
金の仕送りを要求します

 日本人的にはこちらに嫁に来たのだから、こっちの人と考えますが、フィリピンの親達は、日本人の事を、良い稼ぎ頭が身内になったと考えるようで、考えの違いから離婚へと発展しますね、(笑)

 >私の場合は親、兄弟が全面立ち露払いしてくれます。

 私もこの国で家族に守られて生活しています。(笑)

 >毎日楽しみに見ています。

 内容がなく、花が咲いた。風が吹いたの日記ですが、覗いて頂ければ、嬉しく思います。今後共宜しくお願い致します。

私事ですが8月17日の帰国を控え、ばたばたしています。帰る前に荷物を着くようにBOXに詰めなくてはいけません。子どものオムツからジュース、食料品、蚊取り、などなどですが!
一番の問題は嫁が見栄を張り、子供の誕生日パーティーを8月22日にするこんたんでいます。
またもただ飯を食わすつもりです!それがフィリピンの
習慣ですか?これも必要経費ですか?
300人は来ますよ、見て居るだけで腹が立って来ます
が仕方が無いのですね!
必要経費ですな~~~!!!

タコ警部さん・今晩は、

 今日もボウリングを終えさっき帰宅致しました。

 >子供の誕生日パーティーを8月22日にするこんたんでいます。
またもただ飯を食わすつもりです!それがフィリピンの
習慣ですか?これも必要経費ですか?

 
 色々な考えが有ると思いますが、誕生会は見栄以外何者でも有りません。呼ばれていった人が赤ちゃんのお祝いに喜んで参加すると思いますか?

 行く人は犬の誕生日でも、鼠の誕生日でも関係ないのです。タダでご馳走に与れるから行くのです。

 まして日本で生活している赤ちゃんです。酷な言い方ですが、出席する人は喜んで伺うとお思いでしょうか、

 そこにはフィリピン人独特の嫉み、恨みも存在するのです。人の不幸は喜びますが、人の幸せを喜ぶのは身内だけでしょう。(笑)

 私は、本当に心から御祝いしてくれる、身内だけで食事会ではなく、メリエンダで充分だと思うのですが、奥さんの、他人に勝ち誇り、見栄を張る姿しか見えてきません。(笑)

 するとこの見栄張り合戦に、負けまいとする人が、必ず出てくるのです。(爆笑) 本当に見栄っ張りの多い国なのです。

 

ダニエルさん、再度の書き込みです。
前から、思っていたのですが、文章、お上手ですね。
何か、以前にそのような種類のお仕事でしたか?

私は乱読家で、一日、一冊は本、読みます。一冊1ドルで
貸してくれます。レンタルDVDよりは知識が増えますね。

さて、比国人の国民性、こちらに移住して来た人間の種類が違うのか、あるいは、彼らの常識が変わらなければ、この国
で生きていけないのか、良く、分かりませんが、私の知っている範囲の比国人は、本国の比国人は明らかに違いますね

先ず、向上心が有ります、怠け者はこの国では生きてけません。特にこの国で生まれた子供達は、殆ど、タガログは話せませんし、親が教えません。
皆、よい教育受け、社会の中でいい地位についています。
老人達のように母国という意識がありません。
この国で、いわゆる、比国人の代名詞、いい加減、家族にたかる、怠け、など、このような人間は見かけませんね。

このように考えると、やはり、国として、環境としての問題が比国にあるような気がします。

逆に考えるとそんな国だからこそ,競争社会の国からみれば
癒しの国になるのかもしれませんね。

しかし、そうは言っても、確かに、最近はモラルも含め、昔のような良い時代の比国ではなくなって来ています。
よき時代のフィリピン知っているだけに、本当に残念です。

孝ちゃんさん・お早う御座います。

 >前から、思っていたのですが、文章、お上手ですね。

 今まで一度もそんな事云われた事有りませんし、他の方の文章を見て、自己嫌悪に陥っていました。(笑)
 
 殺す気ですか?もう少し生かしてください。(笑)

 >私の知っている範囲の比国人は、本国の比国人は明らかに違いますね

 アメリカやカナダ、オーストラリアを始めとする各国に移住なされる方は、この国に住む一般的なフィリピン人より、沢山の知識の持った人だと思います。

 義理の従兄弟もカナダで働いていますが、フィリピン人の悪い点も良く理解しています。

 この国に住む、その日暮らしの井の中の蛙の人達とは、生き方は当然違って来ると思っています。

 
 >このように考えると、やはり、国として、環境としての問題が比国にあるような気がします。

 この国は特権階級の人に支配された、特別な国だと思います。その為か、あらゆる産業が発展せず、国民が充分に仕事にありつけません。人に甘えなければ、生きて行けない国なのだと理解しています。

 > 逆に考えるとそんな国だからこそ,競争社会の国からみれば 癒しの国になるのかもしれませんね。

 同感です!私が毎日プラプラしていても目立ちません。(笑)周りがみんなそうですから、

 私にはこのノンビリムードがたまらなく心地良いのです。

 慣れてくると快適ですよ、(笑)

 
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。