スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土着の、精霊を敬う信仰

7月29日(水) 晴れ 朝6時05分の気温25℃

  
今朝6時05分のパラス
逕サ蜒・3646_convert_20090729071007

逕サ蜒・3647_convert_20090729071047


  
  昨日は晴れているのに。突然強い雨が降り出し、風もあり自然の不思議さを感じる。

 私の暮らす所が山間の高地だからであろうか、実に目まぐるしくお天気が変わる。

 でも日本から比べたら山と云うにはおこがましい、丘陵地というべきなのかも知れない。

 
 
  本日もカビテ州ゼネラル.トリアスの事に付いて触れてみたい。

 豚の購入先での事、義弟ダニー(バランガイ役員)達は豚を物色後こまごまの相談をしている様子でした。

 私は例の通りカメラ片手に付近を散策する。

  すると高い木の枝に茶色の実がぶら下がっているのです。私は義弟.ダンティ(市役所勤めの祈祷師)にあの実は食べられるのか尋ねた。

 すると返答がない、私は心の中で「食べられないんだな~」と判断した。(笑)

逕サ蜒・3536_convert_20090728141726

逕サ蜒・3543_convert_20090728141640
 
  
  その後あの樹はマホガニだと教えられ、マホガニの種が実の中に有るようです。

 日本でも合板になり、壁材や、フロアー材としても活躍している材木だったのだ、

 大昔は原木での輸出も盛んに行われていたが、現在は加工品しか輸出されない筈である。

逕サ蜒・3560_convert_20090728142025

逕サ蜒・3559_convert_20090728141859

逕サ蜒・3561_convert_20090728142119

 
  マホガニの樹木を眺めていた時、幹に打ち付けられた三角のマークが目に付いた。私は色々判断を巡らすこれは多分、人間がこの地に住みつく前から存在した、森の精霊たちに対する厄除けではないかと想像した。

  そしてもう少し裏の場所でも同じマークを発見する。

逕サ蜒・3568_convert_20090728142232

逕サ蜒・3567_convert_20090728142347

  
  義弟ダンティ(市役所勤めの祈祷師)に尋ねると、ネックレスを取り出して見せてくれた。

 同じマークなのだ!まさしく人間がこの地に住みつく以前から存在した,精霊に祈りを捧げる為のマークだったのです。

 「タビタビポー」と私もいつしか唱えていました。ネックレスを写真に撮ろうとすると、怒りをかうからと、頑なに断られました。

逕サ蜒・3569_convert_20090728142730
 
 
  そして財布に大事に仕舞って有った治療用のマークを撮らせて呉れました。それは文字は違うのですが同じマークだったのです。(驚)

逕サ蜒・3564_convert_20090728142456

逕サ蜒・3563_convert_20090728142550
 
 
  するとこの家の玄関ドアーにも同じマークが貼って有ったのです。

 帰ってから妻が「どうしてこの写真が有るの!」と、写真を撮ってはいけなかったようです。ルソン島だけかも知れませんが、祈祷師はこのタビタビポーからの力を授かっているそうです。

 私も、もう写真に撮る事はないと思います。

 
 フィリピン国は、キリスト教信者90%(カトリック信者約80%・他のキリスト教信者約10%)イスラム教・仏教など他の宗教、約10%の国ですが、キリスト教、伝来以前からの土着の信仰も併せ持っていたのです。
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

おはようございます。

精霊と言った話は全世界にあるのでしょうが、成る程、写真を撮ってはいけないダビダビボーですか・・・始めて知りました。

日本でも樹齢100年を越すと木霊が宿ると言う話を聞いたことがありますが、屋久島あたりの木は木霊だらけなんでしょうねきっと。

ショウタさん・こんにちは、

 この国には各所に言い伝えが多いですね、それからタガイタイの山は勿論ですが、各山、全てだと思いますが、妖精が住んでいると、人々は信じています。

 日本の山岳宗教も各所に有りますが、日本では昔から、女性は入山禁止だったようですね、なんでも身体から血を流すから、穢れると言われていたようです。

 この国も調べれば奥が深いのかも知れません。(笑)

丑三つ時にすいません!
奇妙なマークですね
昔からの厄除けなんでしょうか?
日本でも玄関にさんまの頭や柊の枝を飾りますから
同じ感じなんでしょうか?
私なら守ってくれるなら何でも付けますからね
日本の家も仏像、仏画、だらけです。
でも最近はバチしか当たりません(泣)!!

良く、似ています

 
 ダニエルさん、今日は。
 
今、書き込みの時点では、素面です。それが何だと突っ込まれると、困りますますが。(笑)

このマーク、オカルト好きの間では、有名な、アメリカ紙幣に印刷されている、図柄に良く似ています。
フリーメイソンのシンボルとされています。、ピラミッドに目の構図です。、偶然の一致でしょうが、面白いですですね!

こちらでも、地方に行くと先住民、インデイアンの聖地があり、立ち入り禁止地区となっています、
おそらく、精霊民間信仰がまだあり、そのための処置と思いますが。

話が飛びますが、日本の祭りで使う、神輿、これ、旧約聖書に出てくる、幕や、聖所にある、アークとそっくりです。
古代ユダヤ人は現在のコーカサイドユダヤ人種と完全に違い、アジア系人種が定説となっていますので、その一部、その昔、大陸から渡ってきた、秦一族(京都に定住した)がユダヤ人との説も有ります。、彼らが、現在の神社神道、創り揚げましたが、菊の御門、鳥居、祇園祭り(シオンの祭り)、塩、撒く、重ね餅の習慣、驚く程の類似点があります。以前にラビ(ユダヤ教の高僧で人類学者)が日本人とユダヤ人のDNA
調査に来ましたが、非常によくにているそうです。
以前にユダヤ人と話した事がありますが、彼らの見解では、
ユダヤ人と日本人は古代では同じ、祖先、持つと言っていました。尚、学会では日ユ同祖論という説があり、読むとおもしろいですよ。

又、脱線でしたね。失礼、致しました。

タコ警部さん・お早う御座います。

 >昔からの厄除けなんでしょうか?
日本でも玄関にさんまの頭や柊の枝を飾りますから

 私の田舎の方ではいわしの頭でした。何でも鬼が臭いを嫌うとか云っていました。日本でも地方により奇妙なならわしが有り、不思議です。

 正月、関東では鮭ですが、関西ではブリでしょう?鰻の裁きかた関東では背中からですが、関西は腹からでしょう、(笑)蒲焼の作り方も、関東は焼く前に蒸しますが関西はそのまま焼きます。出世魚、ブリの稚魚からの名前も関東・関西は違います。(笑)エスカレーターの乗り方も全く逆です。(大笑)

 ビコール地方ナガにも、古代の信仰残っている筈です。今度調べてみてください。

孝ちゃんさん・今晩は、

 >このマーク、オカルト好きの間では、有名な、アメリカ紙幣に印刷されている、図柄に良く似ています。

 私も、初めて見ましたのでもうビックリです。本当にオカルトの世界に飛び込んだ感じがしました。

 >フリーメイソンのシンボルとされています。、ピラミッドに目の構図です。、偶然の一致でしょうが、面白いですですね!

 偶然なんでしょうが不思議ですね、世界所狭しと云う気がしてきました。

 >秦一族(京都に定住した)がユダヤ人との説も有ります。、彼らが、現在の神社神道、創り揚げましたが、菊の御門、鳥居、祇園祭り(シオンの祭り)、塩、撒く、重ね餅の習慣、驚く程の類似点があります。

 
 以前、新聞に出ていましたが。臓器移植の為のDNA鑑定、日本人に一番近いのが、韓国人、朝鮮人でした。

 日本の歴史で、弥生時代・大陸より文化が伝わるは、文化を持った人達が朝鮮半島より移住して来たとの認識を持っています。そして原住民族との混血の子孫であると、
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。