スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラスの山

9月11日(金)曇り 朝6時の気温24℃


今朝6時のパラス
逕サ蜒・4756_convert_20090911075456

逕サ蜒・4757_convert_20090911075558

 写真の山は我が家から撮ったパラスの山です。 私がこの山を初めて知ったのはもう44年前になりますね、マルコス独裁政権下の時代でした。 国の物はマルコスの物、マルコスの物はイメルダ夫人の物、と言われていた時代でした。 このパラスの山頂にマルコス元大統領が別荘を建てはじめたのです。

繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・1370_convert_20090911162003
 

 表向きは迎賓館を作るとの事でしたが、
 
 私がこの事に触れたかったのは、タガイタイ観光にお出でになった方のブログに、山頂に建つ観光施設が閑古鳥が鳴き、荒れ果ててしまったと書いて有ったので、 それを訂正したかったのです。

 元々この迎賓館はマルコス夫妻がエドゥサ政変により国外逃亡し、工事半ばにて放置されていたのです。  何年経ってからでしょうか、 タガイタイ市の管理の下に一般公開されたのは、土地の人々は昔からパラスの山と呼んでいました。 その後看板が建ち、ピープルスパーク.パラスインザスカイでしたが、今ではパラスの文字が取れ、ピープルスパーク.インザスカイに変わっていました。

繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・1226_convert_20090911162138

繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・1223_convert_20090911162320
 

 この場所はピクニックグローブと並び、タガイタイ市の観光収入を稼ぎ出すドル箱施設なのです。 平日でも多くの人達が訪れますが、休日になると駐車場に入りきれない車で溢れてしまいます。 以前もお客さんを御案内したのですが、頂上まで上れず引き返して来ました。(笑)

大雨の時を覗いて閑古鳥の姿はどこにも見渡りません。 最近では一部手直しも始りました。

繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・755_convert_20090911162429

繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・887_convert_20090911162539
 
 パラスの山は見る角度により、全く違う姿なのです。我が家から500m離れただけで山の中腹がえぐられているかのように見えます。 そして2枚目の写真はイメルダ夫人が、影のオーナーと云われるタガイタイ.ハイランドから撮りました。

逕サ蜒・2239_convert_20090911074703

逕サ蜒・2241_convert_20090612065749

逕サ蜒・2242_convert_20090612065850

逕サ蜒・2243_convert_20090612070002
 
 朝焼けは日の出までのドラマなんですね、時間により全く違う色彩なのです。 朝焼けを検索して見たら日の出前。空が真っ赤に焼ける事と出ていました。

逕サ蜒・2311_convert_20090911074819

逕サ蜒・2312_convert_20090614065120

逕サ蜒・2313_convert_20090614065208

逕サ蜒・2314_convert_20090614065300

 続いては日の出の写真です。 私は我が家から眺めるパラスの朝焼け、日の出が大好きなのです。夜明けのコーヒーを飲みながら、

 本日は早朝より停電でした先程夕方4時に回復したのですが、風力発電を真剣に考えようかな!(笑)

 
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

ダニエルさん、今晩は。
いつの世も為政者、権力者は、庶民の事考えていません。
これは、何処の国も一緒です。
ただ、マルコスに関しては、私は評価する点が多いにあると考えています。
私は当時、マルコス政権の財政担当部門の裏側から。情報得るができましたが、志の点では、悪くはなかった。

唯一。彼だけです。比国の財閥からの政治干渉受けなかった政治家は。ただ、彼の失敗は自らが財閥になろうとし、独裁が強すぎた。
又、残念ながら、健康面で問題があった。晩年はイメルダ夫人の操り人形だった。
現在、面白い事に比国は、地政学、政治的、経済的にも、全く関心が無い国の一つです。

多分、これからの3~4年は、イエスの再臨、終末思想、経済危機、フルーの猛威、食料危機、全世界的異常気象など
やってくるでしょう。

比国は大丈夫です。(多分)
理由、皆能天気で、皆貧乏で、そして、南国で、バハラナだあ~


Kさん・今晩は、

 マルコス時代の後を継いだ、民主化運動で名をはせたアキノ大統領、中国福建省からの移住者の末裔、財閥のコハンコ一族ですものね、 当然、庶民の為の政治など出来る筈は御座いません。

 教育にしてもマルコス時代が一番良かったのでしょうね、その後の政権も財閥べったり、庶民は良くなると夢見ていたのに、

 イメルダさんもやり過ぎでしたね、もっと上手く立ち回れた筈なのに、やはり限度を知らなすぎました。

 国外脱出後、マラカニアン宮殿を見学して来ましたが、報道された夫人の多くの靴とは、対照的にマルコス元大統領の人工透析用の機械とベット、鼻を劈く薬の臭いが強烈でした。

 いつの世も女は強いです。
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。