スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老衰車でも高値の華

9月28日(月) 曇り 朝5時40分の気温23℃


 9月28日のマニラ新聞から

台風73人死亡

台風オンドイ(16号)による豪雨被害などでの死者は73人。行方不明者も23人

 国家災害対策本部(NDCC)の27日午後6時発表によると、ルソン島中部を横断した台風オンドイ(16号)の豪雨、洪水被害で、73人が死亡、23人が行方不明者になった。避難所に収容された住民は、首都圏を中心に計5万9千人に上った。冠水被害は首都圏やカラバルソン地域の広範囲で続き、このためNDCCは首都圏内にある小学校、高等学校の休校措置(28日)を決めた。アロヨ大統領は被害の拡大を重視、全閣僚に被災者救済策を講じるよう命じた。

 台風オンドイはこの日早朝、南シナ海に抜けた。しかし、南西の季節風が依然として台風に吹き込んでおり、中部ルソン地域の一部では風雨が観測された。

 台風通過から一夜明けたこの日も、NDCCは増強した国軍救援部隊を中心に、首都圏やルソン地方カラバルソン地域、中部ルソン地域などで被災民への救援・救出活動を続けた。米政府も駐比中の米海軍部隊を被災地に派遣し、NDCC支援を開始した。

 NDCCによると、死者73人の地域別内訳では、カラバルソン地域が44人と最も多く、中部ルソン地域(21人)、首都圏(7人)、コルディリエラ自治区(1人)となっている。カラバルソン地域でも、リサール州の死者が42人と大半を占めた。このうち同州タナイ町では大規模な洪水が発生、押し流されるなどして23人が死亡。行方不明者も20人に上っている。同州アンゴノ町でも10人が死亡した。

 首都圏の冠水は数十年ぶりの深刻な規模とされ、その被害地域は90バランガイ(最小行政区)に達した。マニラ、マリキナ、パシッグ、マニラ各市やリサール州の一部地域では冠水が1メートルをはるかに超えるなど、市民生活に大きな影響が出ている。

 NDCCは同日までに首都圏を含む3地域にある学校施設など118カ所を避難所として開放し、計5万9千人が避難生活を送っている。「避難民」数は首都圏が最も多く3万3700人で、中部ルソン地域(1万9800人)、カラバルソン地域(5800人)と続いた。

 在比米大使館によると、米海軍部隊は冠水被害の深刻な首都圏マリキナ市、ルソン地方リサール州カインタ町で被災民の救出活動に着手した。

 同部隊は軍用ヘリ一機や救援ボート2隻を出動させ、NDCCを側面支援している。同大使館広報担当は「米大使館はNDCCと緊密に連絡を取って、今後の支援内容を決めたい」と話している。

[ 2009年9月28日のマニラ新聞 ] より


今朝6時40分のパラス方面
逕サ蜒・5561_convert_20090928065139

逕サ蜒・5562_convert_20090928065220

 
 今、我が大家族にも異変が起きているのです。我が家の隣りに住む二番目の義妹ソピアの家庭での事なのです。 

 亡義父に一番可愛がられたソピアはバタンガスより、小作人として働きに来ていたロベルトと言う男と結婚し家を建てたのです。  そして四人の子供をもうけたのです。 女三人男一人ですが二番目の子供が長男ジロウです。 

 日本ですと長男は一郎ですが、 私の妻が二番目に生まれた子供ですので、ジロウと間違って命名したのです。

逕サ蜒・5550_convert_20090928065408
 
逕サ蜒・5555_convert_20090928065809

 
 でもソピア夫婦は賢いですね、本名はちゃんと自分達で考え付けましたよ!、(笑) 

 妻には気分を悪くすると困るので、ニックネームとしてジロウの名前は残したのです。 甥っ子ジロウは、二人の子供を授かりますが、独立心が薄く、親元の一部屋に一家で居候です。  

 仕事は夫婦してカビテ州ゼネラル.トリスに有る日本企業に勤務しています。  二人合計の月収は2万ペソ(約4万円)も有るのですが、母親であるソピアの元へは、1ペソも入れないのです。

 
逕サ蜒・5551_convert_20090928065536

逕サ蜒・5554_convert_20090928065734

 
 共稼ぎの為、当然子供はソピアに預け仕事に出掛けるのですが、幼き子のミルク代、オムツ代(パンパーズ)も負担しないのです。 

 当然ソピアは嫁に強く当たります。 本来はジロウが一番悪いのですが自分の子供は可愛いのですね、  

 以前も嫁は実家の近くにアパートを借り出て行ったのですが、ジロウはタガイタイのこの家まで帰ってくるのです。(笑)

 
逕サ蜒・5553_convert_20090928065646

 
 今回はプロパンガスが無くなったのに、1ペソも負担しない事から火が付きました。 

 この国ではメイドさんのお手当てが一ヶ月3,000ペソ、小作人達、肉体労働者の日給が200ペソの国なのです。 月に2万ペソ稼ぐ一家が暮らせない筈はないのです。

  ソピアに1ペソも入れず貯金でもしていれば良いのですが、この国の人に貯金の習慣などあろう筈は御座いません。(笑)

 
逕サ蜒・5558_convert_20090928065855


 ジロウが好きなものは車なのです。それもお金がないのでポンコツ車ばっかりです。 

 日本のポンコツ車は走れるのにスクラップですが、スクラップを輸入したこの国では中古車は高値で販売されるのです。 

 従って、ジロウが買い求めるられる車は、ヨタヨタ走る車だけなのです。  現在乗っている三菱の小型乗用車(ランサー)は老衰状態でしたが、30,000ペソ(約60,000円)もしたのです。(笑)

 
逕サ蜒・5552_convert_20090928065610


 その為、一年の内、三分の一は動かずに止まっています。  故障しても修理するお金がないのです。 翌月の給料が出るまで修理も出来ず、直しても、じきにまた故障するのです。  

 そして車は水では走りませんから、この点を考えないから仕事には恵まれているのにやっていけないのですね、(笑)

 
逕サ蜒・5557_convert_20090928070027


 今回はソピアと、嫁と喧嘩をして勤務先の近くにアパートを借りたようです。 通勤は会社からの無料シャトルバスが出ているとか、

 金食い虫のポンコツ車、手離すのが貧困から逃れる道なのですが、(笑)
 
 
 この国ではスクラップ状態でも動けば高値で売れるのです。(大笑) ジロウと同じく車に憧れを持つ若者、いや、バカモノがいっぱいいるのです。(大笑)


スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

貯金しない国民性なんて、考えてみれば怖いですよねえ。
よくそれで子どもを儲けるもんだと思いますわ。
と、驚いている私ですが、なんの、ウチンとこもそういうどうにもならないのがいるんですよ。

義妹の夫には私がジープニーを貸してやっていたのですが、なんだかんだ屁理屈つけて借料を払わない。
こちらもいちいち催促するのがイヤになり、面倒くさいから放っていたのです。
その夫婦が、私がワイフを残してこちらに引越しした後、入り込んできたそうです。
実は私が引越しした直後に、別の甲斐性のある義妹たちが入り込んでいたのですが、ジープニー夫婦はメイド代わりセキュリティーガード代わりになると考えて入れたのですね。

ところがこの夫、共同生活となると家賃も米代も負担しない、挙句は屁理屈こいて仕事にも出かけない日もありだした。
これは予測外。
ワイフと別の義妹は協力してジープニー夫婦を追い出してしまいました。

子どもが2人いるので、その子どもたちと義妹がかわいそうだけど、夫のぐーたらはどうにも我慢ならないとワイフは言っていました。
情けないですねえ、こんな男。
「援け合い」はあくまで「合い」があるから成り立つことで、「合い」がなければフィリピンでもうまくいかないようです。
フィリピンでもこういう合理的考え方がじわじわと浸透していきつつあるのではないでしょうかね。

保太郎さん・お早う御座います。

 
 >貯金しない国民性なんて、考えてみれば怖いですよねえ。

 同居の義妹、地方の銀行に預金していたのですが、銀行が破綻、保険機構からの保証金10万ペソを受け取り泣き寝入りです。(泣)

 その後法律が変わり50万ペソまで保障されますが、タンス預金の方が良かったと嘆いています。利率はよかったのに、全財産をこの銀行に入れていた叔母は泣くに泣ききれません。


 >ところがこの夫、共同生活となると家賃も米代も負担しない、挙句は屁理屈こいて仕事にも出かけない日もありだした。 これは予測外。 ワイフと別の義妹は協力してジープニー夫婦を追い出してしまいました。

 こんなの多いですね、怠け者の男は多いですから、またみんな優しいからなかなか、追い出せないのですよね、(涙)

 こう云う怠け者に限って人が良くなるのを嫉むんですよね、(笑) この国では食べるだけは食べさせますから怠け者でも生きてだけは行けます。(笑)

 怠け者の人、良くお酒飲みますね、お酒飲み過ぎるから怠け者なのかな?(笑)

 >フィリピンでもこういう合理的考え方がじわじわと浸透していきつつあるのではないでしょうかね。

 みんなももっと厳しく接していたら、怠け者も減るのかも知れません。

残念ながら、私の場合、ろくでもない、親戚はいません。

妻の従兄弟など、多少の親戚はいますが、皆、立派です。
多分、社会的な階級があり、その結果で生き方があり、それが、当たり前と考えている、層があるのでしょうね!

多分、日本人、棄てれば、ある意味、問題なく、比国で暮らせるでしょうが、どうなんでしょう、少なくとも、私には出来ない。

後4年後、一年で4ヶ月の半永住者になります。妻は来ません。 さて、どうなりますか!

孝ちゃんさん・こんにちは、

 >妻の従兄弟など、多少の親戚はいますが、皆、立派です。
多分、社会的な階級があり、その結果で生き方があり、それが、当たり前と考えている、層があるのでしょうね!

 孝ちゃんの奥さんは、数少ない上流階級の出なのでしょうね、私の住む環境とかけ離れている気がします。

 これでも私を取り巻く大家族は周りから見るとよい方なんですよ、

 
  >後4年後、一年で4ヶ月の半永住者になります。妻は来ません。 さて、どうなりますか!

 私は永住して色々有りますが、楽しんでいます。お金だけでは解決出来ない喜びも見つけています。

 人間価値観が一人一人違うように、何が幸せなのか誰にも分かりません。

ヤドカリの生活

こんばんは!
ヤドカリの生活なんですね
居候で人の金で飯を食らう
私はそう考えています。ヤドカリや!妻に何時も言って
ます!働かない者に幸せは来こない。
努力しない者に神は味方しない
妻も日本では理解をしますがフィリピンに帰れば忘れてしまいます。
親、兄弟には甘過ぎますね
環境がそうするのでしょうか??



タコ警部さん・今晩は、

 >居候で人の金で飯を食らう
私はそう考えています。ヤドカリや!妻に何時も言って
ます!働かない者に幸せは来こない。

 こう云った生活を廻りも許しちゃうのですね、ご飯を食べさすのは、あまり負担には考えていないのです。

 日本の一宿一飯の仁義など、とても理解しては貰えないでしょう。(笑)

 >親、兄弟には甘過ぎますね
環境がそうするのでしょうか??

 血を分けた親子の結びつきは凄いですね、それに比べ、日本の親子の結びつき、考えたら比較になりません。(笑)
 
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。