スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-② タガイタイのパレンケ(市場) マホガニ

10月21日(水) 晴れ 朝6時10分の気温26℃


今朝6時10分のパラス
逕サ蜒・6289_convert_20091021072812

逕サ蜒・6290_convert_20091021072854

今朝のMt.バナハウ
逕サ蜒・6291_convert_20091021072938



 本日もタガイタイパレンケ(市場)編ですが、もう一つのマホガニ市場に付いて記述します。オリバレスの有るロトンダ.ロータリーを、バタンガス州ナスブ方向に外輪山上の道を進みます。

 左にはタール湖に浮かぶタール火山を眺める、ビューポイントのレストラン街が続きます。 そして2Km程走った地点右側にペトロンG.Sが有ります。

逕サ蜒・6270_convert_20091020233325

逕サ蜒・6275_convert_20091020233408



 斜め右側に入るこの道はやがて2Km先には、同じ外輪山上の道に合流する迂回路なのです。

 迂回路を暫く進みますと右手手前角にG.Sの有る十字路、此処も直進する訳ですが右折をすると、カビテ州ゼネラルトリスに抜けられます。 

逕サ蜒・6276_convert_20091020233453



 直進し少し進んだT字路の左手一帯が市役所・郵便局・警察署・大学・病院・の有る田舎の官庁街なのです。 忘れていましたが市営の葬儀社もこの中に有りますよ、(笑)

 この場所も過ぎ緩やかな上り坂を上った所に交番が有りますのでここの先を右折しますと、マホガニ市場なのです。 

逕サ蜒・6277_convert_20091020233535



 一番手前の棟が雑貨屋さん  そして果物・八百屋さん、 そして左奥の棟が肉屋さんです。 


逕サ蜒・6284_convert_20091020233826
 
逕サ蜒・6285_convert_20091020233915

逕サ蜒・6288_convert_20091020233741

逕サ蜒・6286_convert_20091020233951

逕サ蜒・6282_convert_20091020233619



  隣りには屠殺場が有りますので、殺したての牛や豚がどんどん運ばれてきますよ、

逕サ蜒・6278_convert_20091020234733



 運が良ければ心臓がパクパク動いている牛の片身にもお目に掛かれるでしょう。(ウッシィシィ)

 貴方はここの牛を噛み切れますか、硬いのなんのってそう云えば、総入れ歯ではとても無理でしょう。

 知人が前、肉を叩く下処理がしていないからと言って、ビール瓶で叩いていました。 それと肉は腐敗する寸前が柔らかく美味しいと聞いた事が有りますが、肉を寝かせる大型冷蔵庫などある筈も御座いません。(笑)

  ここでの野菜、果物類は高めなのです。 この市場は韓国人を代表する外国人、及びマニラ方面からの買出しの人が多いのです。 地元の人は肉意外は殆ど買いませんし、敬遠しているのです。 肉を煮込んだテールスープなどは良いのですが、焼肉には不向きなのかも知れません。 

 ステーキにして食べ、顎がガクガクになった日本人の話は聞いた事が有ります。(笑)

  「そんなバカ(牛)な!」と、お思いでしたら一度お試しになりますか、(笑)

 ここの同じ一角にはLTO事務所も控えている為、年1回の車検や、運転免許書の書き換えに大勢の人が近隣の町から訪れます。 その為の食堂も充実、カンビーン(山羊)料理や牛肉のボラロも人気が有ります。(笑) 上手く美味しい店に当たれば良いのですが、(笑) 

 さっきまで動いていた食材ですから、新鮮さは保障致します。(大笑)

逕サ蜒・6281_convert_20091020233702
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

ダニエルさん こんにちは

肉屋の写真をみて卒倒しそうになりました。

あの強烈な臭いと集団ハエの攻撃を思い出したからです。

私も一度マニラの肉マーケットに行ったのですが、吐き気をもよおして気を失いかけて逃げ帰りました。

今度、行くときにはシンクロナイズスイミングに使う鼻栓が必要ですね。

これだけ店先に飾って有れば、ハエが卵産み放題だから古くなるとウジが沢山出てきますよね。
フィリピンで肉は、なるべく食べないようにしてました。

Andy

Andyさん・今晩は、

 >これだけ店先に飾って有れば、ハエが卵産み放題だから古くなるとウジが沢山出てきますよね。

 いいのです蝿の卵も栄養の内です。ウジ虫になる前に口に入り腸の中です。(笑) 蛾をハチドリと見間違ったAndyさん蛾蝶~ん!

 世界飢餓時代を向かえても強く生きてゆくこの国ですよ、ウジウジしませんよ、(笑) 舟渡方面にも肉が沢山有りますね、(大笑) 
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。