スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラス山麓殺人事件

10月22日(木) 晴れ 朝6時00分の気温25℃


今朝6時のパラス方面
逕サ蜒・6335_convert_20091022070448

逕サ蜒・6336_convert_20091022070546



 昨日は私が暮らすタガイタイの生活環境編として、市役所近辺の建物調査に出掛けました。 HPに纏め上げる準備なのです。(笑)

 最初に義弟ダンテ(市役所努めの祈祷師)の職場からです。 ダンテは市営タガイタイ.クリニックに派遣され、救急車の運転や雑用をこなしております。 

 昨日はイーグルリッジC.Cでの水曜リーグがある為、写真を撮り終えてから向かう事にしたのです。


 このクリニックは診療費は決まってないのです。お金は心の思うがままで、 まさしく貧乏人に取っては神様的存在なのです。 経費はタガイタイ市の税金で賄われているのです。 

 観光にお出でになる貴方様のお金がこんなにも市民のお役に立っているのです。(笑)

逕サ蜒・6293_convert_20091022070908



 時間は4時を廻った頃でしょうか、ダンテを連れ添って散策なのですが、何かタガイタイ警察の周りが騒がしいのです。表の路上にも人だかりが有るのです。 

 タガイタイ警察の隣りに市営葬儀社が有るのですが、そこも明かりが点いています。

逕サ蜒・021_convert_20090402204426



 そこでのダンテの話、私がいつも日記に写真をU.Pするパラスの山、この山裾に有るバランガイにて事件は起きたそうです。 

 義母の話ですと義母の遠い親戚の家だとの事でした。


 フィリピン国は核家族化が進んだ日本と違い、大家族での生活です。 それに何処までも先の先まで親戚なのです。 その辺で石を投げれば親戚の人に当たる感じですね、(笑)

逕サ蜒・009_convert_20090402204223



 この家に集まっていた兄弟3人、1人はタガイタイ警察のポリスマン、もう2人の職業は分りませんが、そこへ甥っ子が誰かに追われ逃げ込んで来たそうです。

 追いかけてきた犯人がこの4人を銃殺したとの事でした。 これも恨みによる犯行だと思いますが、銃社会が背景に有る悲惨な事件ですね、

逕サ蜒・6305_convert_20091022070647



 そして葬儀社内では4人の死体検分が行われていたのです。 タガイタイは他の地域より安全だと思いますが、


 私はますますこの国でのトラブルには巻き込まれないよう、嫉み恨みは買わないよう生きる所存です。

逕サ蜒・6306_convert_20091022070741



 ただ争い事を起こさなければ、人々は優しいし、物価は安いし、こんな住み易い国は有りません。 この国でのトラブルは絶対タブーなのです。

 どうか上からの目線で見ないで同じ人間で有る事を御認識下さい。

逕サ蜒・2605_convert_20090627110557



 この国の人を味方に付け、嫉み、恨みを買わず楽しく生きて行きましょう。

 昨夜、テレビ放映もされ、被害者の奥さんたちのインタビューもありましたが、今朝のマニラ新聞には事件報道はされておりませんでした。

逕サ蜒・3713_convert_20090801070214



 本日はタガイタイで起きた凶悪な事件報道になってしまいました。

  後日詳細が分れば掲載致します。


事件後記: この国はチスミスの国、人から人へに口承伝達ですので時には尾びれが付いたり、個人の感情により内容も変化します。 私も口づてに聞いた情報ですので変わる事も有りますので御了承ください。(笑)

 今朝入った内容によりますと、犯人は被害者と同じバランガイ(最小行政区)に住む.コンシハル(役員)とその仲間1人だそうです。 日頃からこの一家とは仲が悪く馬鹿にされていたようです。 

 事の起こりはこの家の甥っ子と犯人との揉め事、 犯人コンシハルは事件直前一方的に殴られたようです。 その様子をこの家の3人は笑って眺めていたとの事です。

 この日はタガイタイ警察署に勤務する被害者の妻の一周忌の法要の日であり、親戚中が集まっていたそうです。

 犯人のコンシハルは一反家に戻り、殴った甥っ子を、仲間1人と共に追いかけこの家に入り込んだようです。 始めに甥っ子を狙撃、続いてポリスマンを狙撃、後の2人も狙撃する訳ですが、どう云う訳か3人目を狙った際、拳銃より弾が飛び出さなかったとか、 それで持ってきた刀で刺殺したようです。 それで逃走する訳ですが、最後にはもう一度、ポリスマンに銃弾を浴びせたとの事でした。

 この時にどうして弾が飛び出さなかったのか?3人目の被害者が首にお守りを下げていたからだと、この話も誰か付け足したようにも思えるのですが、 

 4人が殺害され、犯人が逃走した事は事実です。 この国の人はこう云った話が大好きなのです。


 日頃の恨みが爆発したのですね、 被害者も犯人も同じ苗字だと言う事ですので、親戚関係だと思われます。  また義母とは親戚ではないようでした。(笑)

 私が聞く話ですが、最初と最後では違う事が多いのですが、人々は自分なりに創作を交えながら楽しんでいるようにも感じ取れるのです。(笑) ここでのチスミス、犯人側を擁護する意見が多かったです。  今後、犯人側への報復が始るのでしょうか? 

  
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

殺人事件

ダニエルさん
人の命を奪っても、のほほんと暮らせる
方もおられる国ですからね・・。
殺人など無くならないのでしょうね。
私の嫁のファミリーも例外ではないようですね。だから、おとなしい嫁が言いましたよ。銃を買いなさない!と
此れが現実ですね。(汗:

しんチャンさん・今晩は、

 未だ起きていたのですか、

 >人の命を奪っても、のほほんと暮らせる 方もおられる国ですからね・

 この国は恨み言の仕返しには寛容な土壌が有るようです。周りの人もその様に解釈しています。 自分に置き換え相手を殺害しても仕方がないと判断するのです。

 それまでには相手を許すようにしてきても、それ以上にされて来たら爆発するのです。

 キリスト教的な観点からですと、許さなければいけない筈なのに、古来からの仕来りが優先するようです。

 犯人ですが、温和の人だったようですし、仲間の人間とは父親だったのです。 瞬発的に起こった事件ではなく、家畜と土地を処分しての覚悟の犯行だったようです。

 人間逃げ場の無いほど相手を突き詰めると、とんでもないしっぺ返しが待っています。

 日本人的には物事の決着、白黒付けるまで問い詰めますが、この国で生きる為には絶対タブーです。

 この事を書きますと以前も、決着を付けるまで許すなととかかれた事も有りますが、ここは日本ではなく異国、この国の生活様式を理解するしかないのです。

 日本の常識はこの国で生きる為には不要です。 物事をフィリピンの常識で考えれば、こんな暮らし易い快適な国は有りません。(笑)

 邦人はあくまでこの国にお世話になっているのです。

 今回の事件物凄く考えさせられましたが、日本のように理由無く殺される事は少ない国なのです。

 人に嫉まれず、恨まれず!
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。