スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また!台風か、

10月23日(金) 曇り 朝7時00分の気温24℃


今朝7時のパラス方面
逕サ蜒・6337_convert_20091023081956

逕サ蜒・6338_convert_20091023082052



10月23日のマニラ新聞から

台風情報
台風ラミル(20号)は太平洋上を南西に進み、ルソン地方北部に上陸の恐れ


 比気象庁によると、強い台風ラミル(20号)は22日午後4時現在、ルソン地方カガヤン州アパリ町の東約180キロの太平洋上(北緯18・4度、東経123・4度)にあり、勢力を弱めながら時速13キロで南西に進んでいる。

 上陸すれば、台風ペペン(17号)による地滑りなどの被害を受けたばかりの同地方一帯が、再被災する可能性がある。

 一方、日本の気象庁の予報では、台風20号は北西にゆっくり進んでおり、今後数日間はルソン島北部沖のバシー海峡上に停滞すると予想されている。このため、同地方北部には上陸しない可能性がある。

 比気象庁によると、中心付近の最大瞬間風速は約54・2メートル、気圧は958ヘクトパスカル。

 22日午後4時現在、発令中の警報と対象地域は以下の通り。

 警報3 ルソン地方バタネス、カガヤン、アパヤオ、北イロコス各州とカラヤン島、バブヤン諸島▽同2 同地方カリンガ、イサベラ、南イロコス、アブラ、イフガオ、ベンゲット、ラウニオン、キリノ、アウロラ各州など▽同1 同地方パンガシナン、タルラック、パンパンガ、ブラカン、サンバレス各州など

[ 2009年10月23日のマニラ新聞 ]

逕サ蜒・4266_convert_20090820085339



 台風の影響なのか雲の厚く掛かったタガイタイです。 http://www.jma.go.jp/jp/typh/

 またまた台風なんですね、殆ど停滞気味ですので、先の台風で被害の大きかったルソン島北部の山岳地帯、緩んだ土地に大雨による地滑りなどが、またまた心配ですね、

 私の住むカビテ州タガイタイには影響は無さそうですが、


逕サ蜒・4265_convert_20090820085523


 台風回避で祈り

 アロヨ大統領は22日、台風ラミル(20号)がルソン地方北部に接近している中、台風の進路が変わるように祈りをささげようと国民に呼び掛けた。
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

こんにちは!
備えのない国ですから
今年みたいな当たり年は被害が続発しますね
台風が台湾寄りにそれる事を祈りますが
どうも北部は厳しい状態ですね。

さすがアロヨさん!

ダニエルさん こんにちは

お祈りで台風を上陸阻止するのですか、さすが病気もお祈りで治すミラクルカントリーですね。

台風の後遺症がまだ沢山有るらしいですね。
しかし、世界からとてつもない額の援助金が集まったのに何処に行ったのでしょうか?
しっかりアロヨさんが個人口座に貯金してたりして・・・

アロヨさんだけが台風がまた来てくれる事を望んでますよきっと。

Andy

タコ警部さん・こんにちは、

 >今年みたいな当たり年は被害が続発しますね

 今年は、マニラ首都圏近域から、ルソン島北部に大分被害が出ましたね、いつもですとビコール直撃ですが進路が変わった気がします。

  >どうも北部は厳しい状態ですね。

 復興にはまだまだ時間が掛かりそうですね、それにしても停滞には困りますね、日本のようなスピードが羨ましいです。

 これから寒くなると思いますので風邪など召されないようにお気を付け下さいね、

Andy さん・こんにちは、

 >お祈りで台風を上陸阻止するのですか、さすが病気もお祈りで治すミラクルカントリーですね。

 そうなんですよ、信じる者はすくわれるです。(足元を)

 私も高島平方面に向かうようお祈り致しました。 夢の中でですが、

 >世界からとてつもない額の援助金が集まったのに何処に行ったのでしょうか?
しっかりアロヨさんが個人口座に貯金してたりして・・・

 
 Andyさん、大きな気持で見守ってあげて下さい。もう来年で終わりなので最後のあがきなのでしょう。今更誠実に振舞っても歴史に名前を残しましたから、  この際だから出来るだけ多く!

 来年の大統領選挙、エストラダがまた出るのですね、(笑)

 よせばいいのに~って、歌っていたグループのリーダーあの人亡くなりましたっけ?

 板橋区民は舟渡斎場安く借りられますね~(大笑)
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。