スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困窮への道 ①

11月7日(土) 曇り 朝6時の気温23℃


今朝6時のパラス方面

逕サ蜒・6688_convert_20091107070601

逕サ蜒・6689_convert_20091107070642


 昨日は、Tさんからの元気な様子を知り、嬉しくなり日記に書いてしまいました。 私がこの国で日本人Tさんに出会った様子は、ブログを創める前、他所の所で日記に書いたので、もう一度回想的に振り返ってみます。 以前の日記です。


 2008年8月9日(土)の日記から、

 きょうは、タガイタイに住んでいた日本人Tさんの事について書いてみます。
 3年程前の事でしょうか?親戚の人から、可哀想な日本人がいるから会って見てと紹介されたのです。

逕サ蜒・003_convert_20090402203905


 早朝、親戚のパイナップル畑を手入れしているそうです。

 みなりは現地の人よりみすぼらしい恰好で、その辺を歩いてるいると、そして、草取りなどの手間賃は奥さんが来て持ち帰り本人には渡さないとの事でした。

逕サ蜒・007_convert_20090402204013


 私もどんな人か興味が有ったのです。そして有る日散歩がてら尋ねてゆく事にしました。

 私の場所はフランシスコ.バランガイ、Tさんの住まいはトレンチーノ.バランガイで距離にしたら、2KMほど離れているでしょうか?途中サブデビションの鉄扉を乗り越えると距離も短縮できます。

逕サ蜒・009_convert_20090402204223


 そして住まいに到着です。この住まいは違う親戚が持っているアパートです。

 そして到着後声を掛けますと本人が出て来ました。恰好は上が半袖の下着、下はトランクス一枚です。他には何も着ていません。

現地の人も金持ち日本人のイメージからしたら異様に見えた事でしょう。

逕サ蜒・004_convert_20090524232551


 年齢は70歳と云っていました。そして一週間位したある日家に訪ねてきたのです。服装は同じでしたがただ違うのは、フィリピン独特の笠をかぶっている事でした。そして、裸足です。

逕サ蜒・020_convert_20090402204126


 此の時は我が家は平屋でしたから、下のテラスにて雑談です。本人は日本からどの様なきっかけで、フィリピンに来たのか、そしてタガイタイに住むようになったのかを話し出します。

逕サ蜒・021_convert_20090402204426


 本人の話ですから何処までが事実なのかは解りません。

 元の日本人の奥さんとの間には、子供が2人そして離婚したそうです。

 フィリピン人との関わりは、住んでいた家の隣に、日本人の旦那さん、そしてフィリピン人の奥さん・ご夫婦が越して来た事がきっかけになったそうです。

逕サ蜒・025_convert_20090710055049


 そのフィリピン人の奥さんから、独り身だったら、フィリピンにいる妹と結婚しないかとの提案を受けたそうです。

 眠くなりましたのでこの続きは明日書いてみます。


 以上が昨年の日記をコピーしたものです。 この時の方が今より鮮明に覚えているのですね、この日記も長くなるので、6回に分けて掲載したのでした。

 後日談、この日記に書いた、親戚での草取りでの手間賃を、この奥さんが貰っていた事は本人は知らなかったのです。 

 健康の為、身体を動かしたかったそうです。 後からその事を伝えますと、ビックリしていました。

 そう云えば私と接触をする事を奥さんは警戒している様子でした。 Tさんは、タガログ語も英語も理解しませんでしたから、 情報は奥さんを通しての事しか知らなかったのです。

スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

ダニエルさん、こんにちは!
楽しみに拝見してますね。天気や景色を見て比国を想えば仕事にヤル気が出るのも不思議です。

人の幸福感は十人十色で他人には見た目とか想像になってしまいますね。Tさんに限らず沢山おられるんでしょうね。
人間が一人で生きていくのは難しいですね。
敵地では勇気ある撤退が必要って事ですかね。

失礼ですが生き様を知る事で現実だけは受け入れて行動できる様になりたいですね。

Kiyoさん・こんにちは、

 >楽しみに拝見してますね。天気や景色を見て比国を想えば仕事にヤル気が出るのも不思議です。

 有難う御座います。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 >Tさんに限らず沢山おられるんでしょうね。
人間が一人で生きていくのは難しいですね。
敵地では勇気ある撤退が必要って事ですかね。

 こちらだのフィリピン彼女にも千差万別有りますから、全てでは有りませんね、周りの人で幸せな人も沢山居りますよ(笑) 本人がフィリピンの生活環境にどれだけ馴染めるかですね、 順応するとそれはそれで楽しいですよ、家族が力にもなってくれますから、

 わたしも永住時は、物事を日本人的に考えて苦労しましたね、物事をフィリピン人的に考えると、理解できるのです。

 周りを少しずつ自分の住み易い環境へと導いてゆけば、最高ですね、自分も発想を変える必要も有りますが、

 >敵地では勇気ある撤退が必要って事ですかね。

 最悪の事を想定し最低限の準備だけはして置けば、良いでしょうね、 帰国費用は大使館でも貸してくれませんから、上手くこちらで生活できれば、使わなくても良いですからね、

 Kiyoさんは、ネットでの情報を沢山仕入れられますから、此方に住んでも困窮はしないと思います。

 此方は暖かいですから、身体の調子も良いですよ、日本では血圧の薬とか色々、薬漬けにされて来ましたが、此方に来てから、徐序に減らし今は薬を飲んでいません。(笑)

 こちらのお医者さんの指導で、本当に商売っ気無いんだから、(笑)
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。