スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初は洗濯機、次の夢は脱水機

11月21日(土) 晴れ 朝6時20分の気温23℃


今朝6時20分のパラス
逕サ蜒・6906_convert_20091121081707

逕サ蜒・6907_convert_20091121081742



 昨日午前中の事でした、爪が伸びたので義弟ダニロの奥さん(マリア)に爪をカットしてもらっている時、見知らぬ人が尋ねて来ました。 家の中に入ると、洗濯機と脱水機を運び出してくるでは有りませんか、

 日本でしたら粗大ごみとして、お金を払わないと持って行ってくれないような物です。 マリアに聞きますと「壊れちゃった」とか、見ていると手際良く、手早いので、壊しているようにしか見えないのです。(笑)

逕サ蜒・6871_convert_20091121081943

逕サ蜒・6872_convert_20091121082035

逕サ蜒・6873_convert_20091121082151


 聞いた所、洗濯機・脱水機、専門の修理屋さんだったのです。 昨日は義弟ダンテ(市役所努めの祈祷師)の家の洗濯機を直したそうです。

 この国では洗濯機を買う場合、脱水機の付いている物は庶民の間では人気が無いのです。 高いと云う事が最大の理由だと思いますが、元々が洗濯した後、ロープに吊るし、自然脱水が主流だったのです。 その為メーカーもお国柄に合わせ、洗濯機だけを売り出したのです。

 ただ乾くまで遅いのです。水滴が自然落下した後、乾きだしますから、(笑) でも時間が捨てる程有るこの国には似合っています。

 その後、お金が貯まれば別売りの脱水機を買い求めるのです。 今でも脱水機の組み込まれた洗濯機は嫌われます。 現在の事しか考えないこの国の人が、将来、故障した時の事も考えているのです。 壊れた場合、単独で買い替えの出来る別売りがこの国の常識なのです。 

逕サ蜒・6876_convert_20091121082245

逕サ蜒・6877_convert_20091121082333



 此処での話、日本の品物はとにかく壊れないと、20年以上は当たり前だとの事です。 これに比べ中国製、台湾製、韓国製は駄目だと云っていました。 本日の故障箇所は、Vベルト、そしてプーリーのひび割れ、全て消耗品でした。

逕サ蜒・6880_convert_20091121082529

逕サ蜒・6881_convert_20091121082611



 あらっら、見ていると金切り挟みを持ち出し、錆びている部分を切り出しました。 板金屋さんまで始めちゃいました。(笑)

逕サ蜒・6884_convert_20091121082738

逕サ蜒・6879_convert_20091121082845


 シャープ(株)のフィリピン工場製ですね、

逕サ蜒・6890_convert_20091121082942

逕サ蜒・6894_convert_20091121083037


 何処で見つけてきたのかブリキ板を巻き付け、リベット留めですね、でも器用ですね、何でもやってのけます。 

逕サ蜒・6897_convert_20091121083151

逕サ蜒・6900_convert_20091121083241


 錆まで落とし、錆止めを施し、繋ぎ目にはパテまで塗って乾燥を待ちます。 翌日、塗装すると云っていました。 それでは昨日直したダンテの洗濯機を見て下さい。(笑)

逕サ蜒・6901_convert_20091121083351

逕サ蜒・6898_convert_20091121083451



 日本では全ての商品に新しい付加価値を付け、購買意欲をあおり、年々消費を拡大してまいりました。 そして戦後、弛まぬ努力のお陰で、素晴らしい経済成長を遂げるわけですが、アメリカを元凶とする、世界不況、今、歴史の岐路に立たされている気がします。

 私は経済発展のない、時間の止ったようなこの国フィリピンで、これからの残りの人生をのんびりと過ごして行きます。(笑)

 
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

こういうことの出来るフィリピンは素晴らしいと思います。
日本人は贅沢です。

でもコレされたら日本の会社もたないですね。

凄い技術力ですね。
特に勉強した訳でもないでしょうけど、
メカの不具合も調整してしまうなんて。

それだけ需要があるから、経験に基づいた
実践の技術が高まるのでしょうね。

今、日本の電気屋さんで、自前で修理できる
人は少ないですね。

宮ちゃん・こんにちは、

 >こういうことの出来るフィリピンは素晴らしいと思います。
日本人は贅沢です。

 この国の人を見て感じるのですが、みんなある程度の事はやってのけます。生活する為に自然に身に付いたものですね、

  >でもコレされたら日本の会社もたないですね。

 そうですね、会社は潰れてしまいますね、考えさせられます。(笑)

sabangbatoさん・こんにちは、

 >凄い技術力ですね。
特に勉強した訳でもないでしょうけど、

 この技術も試行錯誤しながら覚えたものでしょう。実に手際が良いのです。そしてしきりに巻尺で寸法を取っているので変だなと思っていたら、外部の寸法をはかっていたのです。

 水に触れる機械ですので錆のくる部分は同じなんですね、
まさか板金までするとは思っていませんでした。(笑)

 そういえば昨日、義弟ダンテの家の洗濯機のポンコツが新品になっちゃったと、妻が云っていました。(笑)

  >今、日本の電気屋さんで、自前で修理できる
人は少ないですね。

 昔は知識も技術も持っていたのですが、販売だけですね、故障はメーカー直接のサービス部門ですか、

 今、販売店で下手に弄られたら余計壊されそうですね、複雑ですから、フィリピンの機械は単純ですから、(笑)

こんばんは!
日本も昔はテレビの修理屋さんや時計でも修理屋さん
が多く見受けられましたが今は残っていませんね!
フィリピンでは自動車の部品でも我々が昭和40年代に
習った修理の仕方で今も修理されています
電化製品はフィリピンは200Vなので下手な修理は危険かも?
フィリピンも段々といずれ今の日本やアメリカみたいな
国に成って行くのでしょうか?
それ又怖い気もしますね!

洗濯機

まだ1ヶ月も経っていないと思うのですが、私は洗濯機を買い換えました。
それまではSHARPでした。
これはフィリピンに来た直後に買った全自動でした。
マニラにいるときに2回、故障しました。
1回はなにかのセンサーで2回目はモーター。

センサーはLSIが湿気で不良になって部品を取替え。
モーターは近くのフィリピン人の修理屋が言うには、モーターのコイルを一旦分解して巻き直すのだそうです。

最初はREWINDすると言われても意味がわかりませんでした。
だってコイルをほぐして巻き直すなんて創造もしていませんでしたから。
理屈を聞いて驚きましたねえ。
そこまでやるか!てなもんですよ。
まあね、ラジエーターが錆びて穴が開いたのを直すビジネスがあるんだから、コイルを巻き直しても不思議ではないか!

SHARPの工場に問い合わせたら巻き直すのとたいして変わらない修理費でモーターを取り替えてくれるというのでSHARPに依頼しました。

そういう経緯のある洗濯機がバギオに来て6ヶ月余りでダウン。
SHARPのメンテナンス(Alabang)は遠いし、全自動で電子部品を使っていることもあり、買い換えることにしました。

今度は東芝製。SANYO製がP11,000くらいであったのですが、東芝製はP9,500。
1万を切る全自動は、探してもこれだけでした。
SMでは全自動はどれも2万以上します。
で、これに決めたのです。

なぜ、全自動かって?
6・7年使えば、無駄に遣う水で元はとれると計算したのですがネ!

タコ警部さん・今晩は、

 >日本も昔はテレビの修理屋さんや時計でも修理屋さん
が多く見受けられましたが今は残っていませんね!

 技術者も少なくなったし、高度な技術と、高度の機械がないと修理も不可能なのかも知れません。

  >フィリピンでは自動車の部品でも我々が昭和40年代に
習った修理の仕方で今も修理されています

 車自体も年式が古く、現在の日本車のようなハイテク技術は必要有りません。町を走る多くのジプニーにいたっては、日本での一仕事を終えた、いすゞエルフの廃車エンジンです。

 たまに富裕層の人達の高級車は見掛けますが、貧富の差を感じます。

 私が30年以上前購入したジプニーが、現在も元気に走り回っています。 時間がゆっくり回り心地良いです。(笑)

 >フィリピンも段々といずれ今の日本やアメリカみたいな
国に成って行くのでしょうか?

 私は大好きなこの国に経済発展を遂げて貰いたいのですが、私の生きているうちはこのままの状態でいて欲しいです。(笑)

保太郎さん・今晩は、

 >フィリピンに来た直後に買った全自動でした。
マニラにいるときに2回、故障しました。
1回はなにかのセンサーで2回目はモーター。

 あらあら、フィリピン人が一番嫌う全自動ですね、電子制御の洗濯機は弄れないから、(笑) 

 私のは韓国サムスン製全自動です。非国民になりましたが、タガイタイにも韓国人が多いので後々のメンテナンスを考えてのことなのですが、(笑)

 >モーターのコイルを一旦分解して巻き直すのだそうです。

 この国の人はたいした機械や計器を持っていないのに、分解するのが好きですね! 妹のカローラ、ダイナモ付近から異音がすると言うので、ベアリング交換、プーリーを抜く工具も何も無し、木づちでポクポク叩いて抜きました。 取り付けますと発電しません。(大笑)

 壊されました。解体屋までダイナモを買いに行くはめになりました。(笑)

 
 >全自動で電子部品を使っていることもあり、買い換えることにしました。

 この手の機械は部品の供給が難しいですね、ハイテクものはお金が掛かります。

   >なぜ、全自動かって?
6・7年使えば、無駄に遣う水で元はとれると計算したのですがネ!

 20年使えれば良いですが無理ですね、(笑)電子部品を使っている物は寿命が短そうです。
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。