スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年老いて、ふるさとへ、

12月28日(月)晴れ 朝5時50分の気温22℃


今朝5時50分のパラス方面
逕サ蜒・8004_convert_20091228072621

逕サ蜒・8005_convert_20091228072700

逕サ蜒・8006_convert_20091228072736



 クリスマスも無事過ぎ、キャロリングの喧騒さからも解放された今日この頃ですが、再び新年を迎える年末も近づき花火の音が聞こえ出して来ました。


 クリスマスには近所のサブデビションに住む、アメリカの叔父さんの家にも訪問したのです。

逕サ蜒・7943_convert_20091225221820



 この叔父さんはアメリカの退役軍人なのです。若い頃アメリカ移住を志ざし、子供達と共にはアメリカに定住していたのですが、定年を迎えた数年後から、アメリカ半分、フィリピン半分の生活をするようになりました。

 そして今では、フィリピンでの生活が永くなってきたのです。人生の終焉は故郷のフィリピンと決めているようです。そういえば私の周りでも、年老いてこの地に戻ってくる人を多く見掛けます。鳩の帰巣本能に似ている気も致します。

逕サ蜒・7932_convert_20091225222055

逕サ蜒・7938_convert_20091225222500



 私なりの考えですが、フィリピン国は貧乏国ゆえ大家族主義、そして周り中親戚だらけ、それに輪をかけ、複雑にニノン・ニナン制度が絡み合い、雁字搦めの世界なのです。それゆえ貧乏人でも一生、人に頼りながら生きて行けるのです。 またカトリック教会でもたすき掛けのニノン・ニナンではなく、横に広げたニノン・ニナン制度を奨励しているのです。前ニナンになって貰ったから、今度は此方がニナンにとのやり方は駄目なのです。新しく人を絡めて行くので国民が全て絡まりますね、(笑)

 核家族化された日本では自分の事だけ考え生きて行けますが、この国では自分だけ一人大きくはなれません。周りに施しを与えながらでないと、反発を受けてしまいます。 このドロドロとしたしがらみを嫌い、海外に移住する若者も多いのですが、年老いて来ると、このドロドロとしたしがらみ、言い換えれば人と人との絡み合い、人間としての温かさを求めて戻って来るようです。

逕サ蜒・7935_convert_20091225222149



 この叔父さんは毎年、クリスマスには100ペソ(約200円)を入れた袋を沢山作り、訪れる人達にプレゼントしてくれるのです。そして、これが一律なものですから、親戚なら未だよいのでしょうが、段々噂が広がり見知らぬ人も大勢訪れるようになったそうです。それで馬鹿らしくなり昨年から方針を変え止めたそうです。

 本来ですと年齢的に貰う立場なのですが、今までの事も有り、誰もプレゼントは持って行きません。お金持ちは施すだけなのですね、

逕サ蜒・7937_convert_20091225222413
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

邸宅ですね~。僕はあまり家には興味ないのですが

日本だったら絢爛豪華なオクションでしょうか。

墓ない人生。

ダニエルさん、おはようございます!

グッドタイミング!綺麗に焼けていますね。
陽が昇るは日本人にとっては物事の始まりで大切ですよね。
清々しい気分になるのですが仏教の影響が強いからですかね?

お国が違えば全て違いますが、まるでホテルのロビーの様なお宅ですね。私は椅子に座って寝れないので畳敷きの居間が欲しいです(笑)

人は終焉を迎える時は生まれ育った所や長く生活した家で迎えたいと望むのですね。看取る家族も同じ気持ちであると信じて迎えたいですね(涙)
愛され愛した家族が無ければ墓ない人生である事が徐々に理解出来てきました。

見せびらかす家造り!

宮ちゃん ・こんにちは、

 >日本だったら絢爛豪華なオクションでしょうか。

 この国は未だ土地も安いし、建築費も安いですね、なにしろ人件費が監督で日給500ペソ(約1,000円)ぐらい、末端の人は200ペソ(約400円)ぐらいなのです。

 日本は何もかも高過ぎです。(笑)

 この国の人は家を造るのが一生涯の夢なんです。それも人に見せびらかす家を、日本も同じですかね、(笑)

人間は鮭と同じ?

ダニエルさん こんにちは

鮭は、産まれた川に戻って産卵して死んで散乱します。ハハ
人間も産まれた所(部分では無く場所)に郷愁を覚え戻るのですね。

鮭もイクラも大好きなんです。朝ご飯に塩っ辛いシャケと海苔と納豆に目玉焼き---し・あ・わ・せ!
美味しい物を毎日食べられるのなら、何処で死んでも悔い無しです。

Andy

何が幸せか分らない

Kiyo さん・こんにちは、

 >陽が昇るは日本人にとっては物事の始まりで大切ですよね。

 この国の人はあまり感激はしないし、深く考えない気がします。

 >私は椅子に座って寝れないので畳敷きの居間が欲しいです(笑)

 私もゴロッと、寝転んで過ごしたいですね、転げ落ちる心配もないし、

 >人は終焉を迎える時は生まれ育った所や長く生活した家で迎えたいと望むのですね。

 動物は皆同じなのかも知れません。私は埼玉のど田舎で育ちましたので、海を見ても、山を見ても、落ち着きません。一番好きで落ち着く景色は、田んぼと沼の有る風景なんです。(大笑)

 >愛され愛した家族が無ければ墓ない人生である事が徐々に理解出来てきました。

 今の世の中、何が幸せなのかは、分りません。人生の終焉を迎える時ても分らないかも知れません。

食べ物の恨みは恐ろしい

Andy さん・こんにちは、

 >鮭は、産まれた川に戻って産卵して死んで散乱します。ハハ 人間も産まれた所(部分では無く場所)に郷愁を覚え戻るのですね。

 産卵して散乱(笑)上手いですね!そしてAndyさんは生まれた所に郷愁を感じている様子が目に見えるようです。でも生みのお母さんの所だったら、怖いですね、(笑)

 >美味しい物を毎日食べられるのなら、何処で死んでも悔い無しです。

 しゃけとイクラ、涙がでます。日本には古くから食べ物の恨みは恐ろしいと云う、言い伝えが有るのを、 Andy さんはお忘れですか、(大笑)最近はラーメンの写真がないから良いものを、(笑)

アメリカ帰り

こんにちは。

当店の隣のパン屋さんも、アメリカ帰りで15年間向こうで暮らしたそうですが、80歳のおふくろさんを残してフィリピンに帰国したそうです。彼の口癖は「アメリカではこうだ、ああだ」とフィリピンとの違いを説明します。

基本的に彼も従業員や遠縁までビジネスに引き込み、フィリピンスタイルを通していますが、やはりアメリカで感じ取った生き方はシビアさを見ると、少し違う気がいたします。

いずれにしても、外国帰りのピノイに対してはこちらのピノイは全て金持ちだと思っているようですね。それがたとえ中東やアジアの他国帰りでも・・・・。でもそれにも増して金持ち扱いされるのが日本絡みのようですけど(笑)

こんばんは!
豪華な作りですね
掃除が大変だ!でもメイドも居るのでしょうから
要らぬ心配かな?
最近は日本ではやたらリサイクルショップが増えて
います。私も妻も大の買い物好きですから毎週出向き
しょうもない物を買いあさります。
フィリピンに送る物はリサイクルショップで買っていますが石鹸が一個10円、シャンプー1Lが100円で売っていますので大量に買います。(倒産品)これが大人気
でサリサリでバカ売れして居ます。Tシャツも100円
毛皮や革製品も激安ですからデパートは客が減るはずです。
明日も買いに行きますぞ!!

ダニエルさん
すごいなあ。休みなしでブログ掲載。
若いからできるんだなあ。
と言える立場にあるんだよな。

鮭とイクラがイクラおいしくても、あたしゃ、酷寒の故郷、旭川で暮らすのはイクラなんでもシャケたいかなあ。なシャケないなあ。

裕福なフィリピン人

ショウタさん・今晩は、

 >彼の口癖は「アメリカではこうだ、ああだ」とフィリピンとの違いを説明します。

 アメリカも日本と同じく核家族化が進んでいるのでしょうね、
経済が発展すれば大きな傘の下で暮らさなくても単独でも生活は出来ます。 その分、家族の関係も粗雑になるのでしょうね、どちらが良いのでしょうか、(笑)

 >やはりアメリカで感じ取った生き方はシビアさを見ると、少し違う気がいたします。

 商売をやっている人は、こちら式では成功はしないのではないでしょうか、こちら式では、働かない怠け者も養はなければなりません。 (笑)

 私の大家族の中にも居りますが、本当に仕事が嫌いなのです。仕事を与えても、直ぐに止めてしまうし、お金を貸しても返す気持も無く、プー太郎生活、働かなくても助けてくれる人が居るから食べるだけなら食べられます。

 衣類にしても古着で充分ですし、本当にお金の掛からない国ですね、しかも悪びれず堂々としています。(笑)

 >でもそれにも増して金持ち扱いされるのが日本絡みのようですけど(笑)

 タガイタイの私の周りには、日本人はいないので分らないのです。この辺は大金持ちの地元の人が多いのです。

 たとえ金持ちの外国人がいても、此処では目立たないかも知れません。この国の地域性が有るのだと思いますが、他の地域より、金持ちのフィリピン人が多いのだと思います。
 

中古自転車が山に積まれて、

タコ警部さん・お早う御座います。

 >豪華な作りですね

 そうなんですよ、羨ましいですね、(笑)

 >最近は日本ではやたらリサイクルショップが増えて
います。私も妻も大の買い物好きですから毎週出向き
しょうもない物を買いあさります。

 私の家の近くの街道沿いにも、日本からのガラクタが並んでいます。 中古自転車も山になって有ります。しかも高いのです。(笑) 薄汚れたぬいぐるみまで、破棄処分された品物のようですが、

 日本製はみんな良いと、勘違いしているのかも知れません。

 >毛皮や革製品も激安ですからデパートは客が減るはずです。 明日も買いに行きますぞ!!

 うちの義弟達、革ジャンを着ています。私から言わせれば寒くは無いのに「寒い!寒い!」って、

 映画の影響なんでしょうね、上の義弟に古い革ジャンを、すると下の義弟がヤキモチを、買ってきましたよ、浅草で!

 夏場に革ジャン探して歩きました。(笑)

 >明日も買いに行きますぞ!!

 わぁ~凄い、 今度はコンテナ一箱いかがですか、(笑)

眠くなった!

佐太郎さん・お早う御座います。

 >すごいなあ。休みなしでブログ掲載。

 3月に創めてから、一日も休んでいないのです。(笑)

 何のテーマもなく、花が咲いた、雨が降った、小鳥が飛んだ、野良猫が子供を産んだ、ですから、(笑)

  >鮭とイクラがイクラおいしくても、あたしゃ、酷寒の故郷、旭川で暮らすのはイクラなんでもシャケたいかなあ。なシャケないなあ。

 シャケが川を上る!、昔、川上のぼる って漫画家がいませんでした。 この方もシャケの産地御出身ですかね、

 >イクラなんでもシャケたいかなあ。

 上手い、上手い!(笑) 座布団もんですね、 ありゃ~! みんな病気になっちゃいましたね、(笑)

 私は、こんなダジャレの ブログ シャケ マス タイ (笑)

 これからは、エイ 鯵 ブログ  目刺し 鱒
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。