スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押しても駄目なら引いてみな!

1月10日(日) 晴れ 朝6時50分の気温23℃


今朝6時50分のパラス
逕サ蜒・8611_convert_20100110100600

逕サ蜒・8612_convert_20100110100638



 このところ鳩小屋が隣りの野生化した鶏の襲撃に遭い、鳩達も可哀想なので小屋を作る事にしました。庭には私の部屋に入り込んだ純白の鳩、義妹が捕まえた灰二引きの鳩、そしてその間に生まれた小鳩、それとこの間、義弟ダンテが捕まえた灰二引きの鳩がいます。

逕サ蜒・8599_convert_20100110100742

逕サ蜒・8598_convert_20100110100837

逕サ蜒・8596_convert_20100110100932



 ライトエースの荷台をたたみ、材料を買いにパレンケ前のハードウェアの店に、ダンテを引き連れ参ります。先ず釘や兆番、そして金網です。風通しの良いように金網は多目に使ってみましょう。(笑)

逕サ蜒・8600_convert_20100110101009

逕サ蜒・8601_convert_20100110101102

逕サ蜒・8605_convert_20100110101144


 
 そしてベニヤ板を3枚、本当は10㎜の合板が欲しかったのですが、高価なので止めました。そして椰子の木から作った材木、ココランバーです。角材が欲しかったのですが見当たりません。すると分厚い板を引き裂きにかかりましたよ!、この国で一番利用される材木はココランバーなのです。このココランバーもチェーンソーで、ある程度加工され運ばれてきたのですね、以前、現場で加工される様子を拝見致しましたが、実に見事にソーを使いこなすのです。

逕サ蜒・8610_convert_20100110101228

逕サ蜒・8613_convert_20100110101309


 鳩小屋製作は車庫裏でやることにします。おおよその出来上がりを紙に書きますが、手順が違うのです。鳩小屋だから良いのでしょうが、実に大雑把!やはりフィリピン人なんですね、(笑)全ておっつけ仕事、日本人とは考え方が違うのです。私は楽をする為、肝心な所だけ口を挟む事に、圧巻は入り口扉の枠なんですが、目見当なんです。(笑) 

 寸法を測らせますと2CMも違うのでやり直し、見ていた義妹「いいんだよ!鳩だから、」なんだいフィリピン人は皆同じなんだ~。 これは鳩小屋だけでなく、一般の住宅建築でもいい加減さは変わりません。(笑)これをおおらかさと見るべきなんですね、

 そう云えば、ノコギリも逆、カンナも逆、果物の皮むきも逆なんですね、日本の引くに対して空手家の挨拶「オス」なんです。私のノコギリを貸しても押して「切れない!」ノコギリはフィリピン製に限るとか、(笑)

逕サ蜒・8620_convert_20100110101515

逕サ蜒・8618_convert_20100110101606



 この写真は汚いでしょう。日本ですとペットショップに、素焼きで出来た巣皿を売っているのですが、私が巣皿の代用にパレンケで買い求めました。表面が滑り怪我するといけないので、泥の中に埋めて置いたのです。(笑) この皿を汚して巣箱に収めます。 それとも洗ってラーメンでもお食べになりますか、(大笑)

スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

ダニエルさん こんにちは。

私も寸法は併せる派です。
だって、その方が頑丈に出来るし、見栄えが良い。

おおらかと言えばおおらかですが、
気配りば足りないとも思うのですが。(笑)

手作りの楽しさ

こんにちは、ダニエルさん。

鳩小屋を作るにも材料の買出しからですから大変ですね。私も自分の店は全て自作です。ココランバーは硬くて加工しにくいので、パロチェーナというベイ松をほとんど使いましたが、リサイクル好きのこの国の人たちらしく、パレットを解体した材料でウッドデッキ風に仕上げました。

なんと予算は800ペソ、それでも立派なとはいきませんが何とか格好になりました(笑)寄せ集め材料のハンドクラフトの楽しさはこの国ならではという気もします。(爆)

楽しみながら作る、これが一番ですね、鳩小屋が完成したら、写真のアップを楽しみにしております。

一般住宅でもですか?でも仕上がりはきれいですね。

コンクリで柱建てブロックで埋めて次に訪比した時どうなっているか楽しみでしたが着てみたら立派なホテルになってました。

事が起きてから対処法を、

sabngbaatoさん・こんにちは、

 >私も寸法は併せる派です。
だって、その方が頑丈に出来るし、見栄えが良い。

 考えたら曲がっていても鳩がすむ家ですからね、(笑)毎日眺めても首を傾げるだけですね、

 >おおらかと言えばおおらかですが、
気配りば足りないとも思うのですが。(笑)

 筋交いなども何故入れなければ理解していないです。(笑)コーナーに小さく入れましたが、(笑)此方の本職でも、窓や配管構などは後からのはつりですからね、(笑)必要が生じてから工事します。 事前の予測が難しいようです。

 人間関係も同じですから余分な事は考えたくないのかも知れません。事が起きてから対処法を考えます。

この国の人は器用です。

ショウタさん・こんにちは、

 >パロチェーナというベイ松をほとんど使いましたが、リサイクル好きのこの国の人たちらしく、パレットを解体した材料でウッドデッキ風に仕上げました。

 この国の人は、何でもいい加減ですが器用ですね、義弟達、車を分解修理したり、テレビまで分解してしまいます。テスターを持ち出し弄っていましたがその内ショートしてオシャカです。(笑)

 専門家が来て100ペソで直しましたが、洗濯機も同じです。

 4年前、テンダーハン前のイス、私が直しました。持参したカスガイを嫌と言うほど打ち込みました。お陰で今でも頑丈です。(笑)

 >鳩小屋が完成したら、写真のアップを楽しみにしております。

 日記ネタが尽きそうなので、了解です。(大笑)



白蟻の大乱舞い

宮ちゃん ・こんにちは、

 >一般住宅でもですか?でも仕上がりはきれいですね。

 最後は見違えるほど綺麗に仕上がりますね、誤魔化しの天才です。

 私が前、合板でほぞを作り、差し込むようにしたのです。すると何で面倒な事をするのか、覗いていましたよ、その次は弟のやり方で釘付けです。釘だらけですが、釘を打ち込み、パテを塗りサンドペーパーをかけペンキ仕上げ、こちらの方が綺麗です。(笑)

 >コンクリで柱建てブロックで埋めて次に訪比した時どうなっているか楽しみでしたが着てみたら立派なホテルになってました。

 後から必要に応じてハツリますが、綺麗に仕上がりますね、タガイタイの人家でも鉄筋ブロック造りが主流ですが、大昔は木造だったのですよ、すると5年もすると白蟻の巣になっています。

 窓枠、土台、柱全てです。虫の宝庫フィリピンです。この白蟻が何年に一回、モヤの掛った夜間、求愛の大飛行をするのですが、この世の物とは思えません。見事相手が見つかると、羽を落とし、土中に潜ります。

 相手を見つけられない死骸がそこらじゅうに横たわっています。残酷ですね、(笑)

 山を抱えているせいか、白蟻が多いのです。 あれを見たら木造では家は建てられません。

蟻の天国かな?」

本当に白アリが多いですね!
日本みたいに薬を打つことも無く家の材料に
しますから蟻にすれば食べ物がまとまって
山のように有る感じでしょうか?
私の家も蟻と鼠、ハエ、ダニの天国ですわ!!

あの鳩の巣皿は出来過ぎですよ!
Goodですな~!

野生かした鶏は凶暴です。

タコ警部さん・お早う御座います。


 >本当に白アリが多いですね!

 本当に白蟻の嫌いな人は卒倒しますね、立ち木にしても
アボカドなどは樹木が生きているのに白蟻の巣です。

 虫の宝庫フィリピンですね、(笑)

 >私の家も蟻と鼠、ハエ、ダニの天国ですわ!!

 今度、渡比した人に体験生活を味あわせてやってください。(大笑)

 
 >あの鳩の巣皿は出来過ぎですよ!
Goodですな~!

 形も大きさも丁度良いのです。(笑)

 ただ怪我をしたら可哀想なので滑り止めです。(笑)


 暇ですから色々考えます。(大笑)

カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。