スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊びの間に仕事をする

1月21日(木)曇り 朝8時00分の気温22℃


今朝8時00分のパラス方面
逕サ蜒・8875_convert_20100121104237

逕サ蜒・8876_convert_20100121104318



 昨日イーグルリッジC.Cでの水曜リーグでしたが、早朝、ボウリング仲間のランディよりメールが入る新年会の誘いなのです。リーグ終了後に集まって欲しいとの内容です。 夕方5時に家を出ますがおみやげのブコパイは用意致しました。 親戚で作っているのですが、甘すぎて気持悪くなるのです。妻は日本の味も分かりますので甘すぎている事も理解しているのですが、フィリピン人は喜ぶのではと、

 そう云われて、私が食べるのではないから「まぁ~いいかぁ~」と納得してしまいます。(笑)この国の甘さの加減は異常です。幼児期より糖分に対する寛容度が麻痺しているのですね、

 それでいて日本食に対する強い憧れも有るのです。(笑)

 リーグ終了後、バナイバナイのランディの家に向かいますが、暗くて通り過ぎてしまいました。戻る距離の方が長かったですね、(笑)

 遅れて到着したら、全員食事中でした。(笑)「もうみんな心配していましたよ、一番早く出たのに未だ到着しない」と、(笑) 会場に着いたらもうビックリです。何時の間にこんな大きな設備が、暫く素通りしてる間にニッパ椰子で葺いた大きなバンブーの建物が出来ていたのですね、よく見ると柱・梁など主要用構造部は鉄筋コンクリートで築造され、バンブーやニッパ椰子で装飾された大型建築物でした。建物内の配線等は柱、梁内を配管して有るのです。

逕サ蜒・8816_convert_20100121022721

逕サ蜒・8873_convert_20100121023749

逕サ蜒・8821_convert_20100121022829



 聞くところによれば、未だ完成したばかりですが、この施設を地域住民のコミュニティ広場として活用して欲しいそうなんです。 此処の父親は外国船籍の船に人材を派遣し、無線を駆使し海外とのやり取り、何かスケールが違いますね、

逕サ蜒・8823_convert_20100121023033

逕サ蜒・8825_convert_20100121023124

逕サ蜒・8827_convert_20100121023224



 この日のパーティの出費は有りませんよ、みんな奢りです。この国ではお互いに持ちつ持たれつ、スポンサーはその度変わるのです。今度は私の番かも知れません。(笑) ここに集まった人達は自営業・大手企業の社員・そして町会議員・バランガイ.キャピタン・ イーグルリッジC.Cの社員たちです。 みんな生活にゆとりの有る人達でした。

 此処でイムスのボウリンググループより、3月12日.13日.14日にダバオでの大会に誘われ出かける事にしました。未だ見ぬミンダナオ島とは、果たしてどんな所なのでしょうか、(笑) その次はネグロス島ですって!この国の人の移動手段はセブ.パシフィック航空の格安プロモなんです。

逕サ蜒・8841_convert_20100121023848

逕サ蜒・8845_convert_20100121023941

逕サ蜒・8862_convert_20100121024032



 続いての写真ですが、ビリヤードの原点ですね、ボールは使いませんよ、キューで丸いプレートを打ちポケットに打ち込む競技です。 滑りを良くする為パウダーを大量に使っています。 よく見るとみんな手作りなんですね、フィリピンの人達は遊びの天才です。

 義弟達を見ても思う事なんですが、日本人の仕事の間に休憩を挟むのではなく、遊びの間に仕事をする感じですね、(笑)

 
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

粉状のもの

こんにちは、ダニエルさん

あのビリヤード、ボールではなく丸いプレートのやつ、よく見かけますが粉状のものをビリヤード台のの上に撒き、滑りをよくしていますが、あの粉はいったいなんなんでしょうね?(笑)

しかしこのニッパハット、これぞフィリピン建築の粋を集めた感じがします、素晴らしい。

ニッパハット

ショウタさん・こんにちは、

 >粉状のものをビリヤード台のの上に撒き、滑りをよくしていますが、あの粉はいったいなんなんでしょうね?(笑)

 ボウリングでも指抜けを良くする為とか、アプローチが滑らない時使う人がいますが、ベビーパウダーです。

 シッカロールの方が一般的で、明治時代に日本の医学博士2人が生み出したと有りますが古くは江戸時代から似た物は有るようです。

 >しかしこのニッパハット、これぞフィリピン建築の粋を集めた感じがします、素晴らしい。

 高温多湿のフィリピンの気候に合っている感じを受けます。空気の流れも考慮している工法かも知れません。

 見ただけでも涼しいですね、
 
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。