スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車事情

3月9日(水)晴れ午前6時(気温24℃)

今朝6時のパラス方面
逕サ蜒・9831_convert_20100310074225

逕サ蜒・9834_convert_20100310074420




 昨日は体調も少し良くなりましたので、何と車を見にみに行きゆきました。タガイタイからですと、アギナルドハイウェイを通り、カビテ州ダスマリニャス方面に出るか、、サウスハイウェイの通るサンタロサ方面にでるしかないのですが、ダスマリニャスまで行く事にします。私がこの国で乗っている車ですが、94年式のトヨタライトエース、日本でしたらとっくの昔にスクラップと言う代物です。でもこの国ではポンコツ車でも目が飛び抜けるほど高いのです。車を乗りこなせるだけで、金持ちなのです。殆どの人が三度のご飯を食べれるだけでせいいっぱいなのです。


逕サ蜒・9838_convert_20100310074642

逕サ蜒・9837_convert_20100310074756

逕サ蜒・9836_convert_20100310074901

みんな車も持てない人達ですから、出かける時は気を遣います。一緒に便乗して来て、便乗者は自分の用事を済ませます。日本人のように遠慮はしませんから、自分の用事の妨げになる場合は同乗を断ります。そうでもしないと一日運転手の時もあります。途中のおやつ(メリエンダー)は勿論、ですが、昼食・夕食の支払いまでこちら持ちで振舞わさればっかりと言う事も度々です。感謝の念も日本人のように持ち合わせていませんから、嫌になる事もありますね、お金持ちは施すのが当たり前の風潮が染み付いていますから、最近、方向の違う時はなるべく近親者だけにして断ります。嫌な顔をするよりこれも礼儀です。慣れてくると瞬時にこの人は自分ぶんにどれほど恩恵を与えてくれるか判断出来ます。ずるいかも知れませんが、自分の生き延びる知恵なんですね、(笑) 




私の車は10人は乗れるのれるのですが、排気量が1、500CCとカローラクラスしか有りません。そしてタガイタイの山道ですので、喘息持ちがタバコを吸い山道を登るが如くの状態でした。そして今週から。イーグルリッジC.C・オーチャードC.C・タガイタイハイランドC.C・での持ち回りのリーグがスタートするのです。先の2箇所は平坦な場所に有るのですが、最後のタガイタイハイランドは、影のオーナーがあのイメルダ女帝だと云われている。山岳にあるプライベートリゾート施設なのです。景色も素晴らしいのですが、車も自然落下しそうです。この施設の中にはロープウェイも、ケーブルカーも有るのです。

逕サ蜒・910_convert_20090423065103



 移住当時からこの場所にてプレースルする事さえ出来なかった憧れの場所、やっと自分で手に入れた生活環境!

 此処で中古車でない車を買いますよ、フィリピン国での中古車は、日本のように車検ごとの2割落ち、と言うように価格が下がらないのです。3,200CCジーゼル車、四輪駆動です。(笑)
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

信じられません。

うわ~っ、なにこれぇ~っ!!

おはようございます、ダニエルさん。
いやぁ~、「女の情念」とは物凄い物なんですねぇ!男が一溜まりもなく骨抜きにされるのも無理ありません。お月様まで身を焦がされてます。こんな光景があるんですねぇ。信じられません。
私の周りは雪化粧です。三年ぶりに観る銀世界も綺麗です。地球は凄い、自然は偉大です。地球や自然に対し、特に文明国といわれる国の人間は、謙虚になるべきですよ。

車はフィリピン人がもっとも憧れるタイプの車になりそうですね。同乗依頼を断るのが、さらに大変になりますよ、きっと。

ハイランドですが、ピープルパークの道中を直進し入って
行きますが、、
途中に大坂が待ち受けています(笑)
行きは下りなんですが、、
帰りは上るのがが大変ですよ!
上りのカーブです・・

ここでエンストすると恐怖ですよ あははは
機会があれば、ハイランドにあるステーキハウスで
”すてき”な時間を!

yuさん・極寒のちよりようこそです。

 今頃、コタツでおでんでしょうか、こちらは高橋おで伝か、k阿部定の世界です。おでん食いたし命が惜しいです。

 >お月様まで身を焦がされてますこれはお月様では有りませんお日様です。包丁一本さらしに巻いてぐらいだったら可愛いのですが、鉄をも溶かす灼熱地獄です。

テレビドラマでありましたね、同乗するより、お金を頂戴!!

 今度こんど云ってあげますか、(笑)

3,200CCジーゼル車、四輪駆動です。>

makatiにお住みの方このタイプの車ですね。いすゞですけど。
アンヘルスで僕も持っているスマートという車があるのですけど新型スマートがマッカーサを走っていました。2人乗りです。これも良いかも。。(笑)

MIKAWAYaさん・こんにちは、

 阿野坂カーブがきついからで手、来るのが大変です。たいへんですが、中のミッドランドにも長いスロープの坂も前の車だと、やっとです。途中で中で本当に止まっちゃいますからね、からね、

それにしても良くご存知ですね、(大笑)>機会があれば、ハイランドにあるステーキハウスで
”すてき”な時間を!

 最近山羊肉に凝っています。もう~モウだと噛み切れますか、?(大笑)

宮ちゃん /
こんにちは、

 >スマートという車があるのですけど新型スマートがマッカーサを走っていました。2人乗りです。これも良良いかも。。(笑)

 この車は人間専用なんでしょ、こちとらは大豚が屋根ではなく室内に乗車するのです。とても収まり切れません。(大笑)しかも煙を吐くのです。

うっそぉ~っ!

こんにちは、ダニエルさん。

これ、お日様ですかぁ?!
そうか!フィリピンですから、写っているのは「コピー」で「オリジナル」は山陰に隠れているに違いありません。合成にしては凄すぎるし・・・、お日様なのかなぁ。やっぱりこの眼で確認しないと駄目ですね。
「酒もいらない、女もいらぬ、何が何でもタガイタイ」ですよ。

ダニエルさん、加須の苦労をお忘れですね。綺麗な雪化粧の後は、雪かきが待ってます。玄関や車庫から道まで、雪をかかねばなりません。我が家の敷地は東京ドーム10個分はありますから、大変なのです。スミマセン、ウソつきました!

「同乗するなら金をくれ!」は、日本人ならウケますね。フィリピン人に言えば「Kuripot!」でしょう、ハハハ。

そうだ!今朝のテレビニュースで、山羊の乳の事をやってました。かつて沖縄では山羊の乳が沢山飲まれていたそうです。山羊を飼う家の減少から、最近では飲まれなくなっていたのを、在来種と外国種を交配させ、山羊の乳を復活させようとしている人達が紹介されていました。
レポーターが味を紹介していました。コップに入れられた絞りたての乳は真っ白で、「温かく、甘味があり、匂いが無く、さっぱりしていて、おいしい」と言ってました。私の記憶とは違うのですが、ダニエルさんはもうすぐ味わえる訳ですから、乞うご期待ですね。

PSです。

火傷しそうなおでんを昨日食べましたが、「おデン」は細心の注意をはらってもヤケドしますので、食べないようにしています。おデンのヤケドは、本当に命取りになりますからね。食べません!今後も・・・、と思ってはいるのですが。

yuさん・沖縄での山羊復活うれしいですね、今度タガイタイ二位お出での時hあじ味あいくださいね、ただおでんのy時のように歯型はつけないで下さいね、(笑)

ダニエルさん、こんばんわ
まるで山火事のようでスゴイですね~!一度はこの目で拝んでみたいものです

yuさんも、あのTV番組みておられたのですね
美味しそうな山羊のミルクでしたね、私も飲んでみたいですw

日本の文化レベルは高い

便乗・・・・・、確かに気分悪くなりますよね。

私のジープニーでワイフの田舎に行ったときのこと。
夜中に走るので、私は体を伸ばして寝たかった。
なぜならエアコンのない田舎で我慢していましたからね。

ところが、同じ村の夫婦が子どものところに行くと言って便乗。
しかも米の袋も乗せて。
おかげで、体を伸ばせられませんでしたわ。

だが、それより驚いたことはこの夫婦。
弁当の用意はなく(長時間だからわかりそうなものを)義母が用意していた飯をパクつき、目的地に着いたらオーナーの私には一言の挨拶もなく去っていきましたわ。
飯をよばれたら途中のサリサリでジュースの一本でも買うかと思いましたがそれもなかったですね。

まあ、言いたきゃあないが、この夫婦にはカネも貸しているんだけど、その礼も言い訳もない。
50を過ぎてもこうですよ。
フィリピン人はそういう人種だと言ってしまえばそれまでですが、かかわらないほうが精神衛生上よろしいですね、ハイ!

仙人サン・おはとうございます。
私が目にする太陽、もっとぎらつく時もありますね、
怖く感じるときもあります。
日本では見られない、南国特有なものなんでしょうね人間の怨念んンにもお思えます。本当に燃えている感じです。今度機会がありましたら、是非

 その時により、見え方が違います。
 

保太郎さんンお早う御座います。

 <まあ、言いたきゃあないが、この夫婦にはカネも貸しているんだけど、その礼も言い訳もない。

 私もよく、泥棒に追い銭的に悩む事がありますが、この国では縁rのと気持ちを持っていたら餓死してしまうかもしれません。とにかく主客転倒です。

 お互いッストレス貯めないよういきてゆきましょう。


<まあ、言いたきゃあないが、この夫婦にはカネも貸しているんだけど、その礼も言い訳もない。
50を過ぎてもこうですよ。
フィリピン人はそういう人種だと言ってしまえばそれまでですが、かかわらないほうが精神衛生上

<人にに借金返すどころか、身無尽まで創めちゃったた。(笑やった。人の金で

 疲れちゃった。
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。