スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな米車に乗りますか

4月18日(土) 晴れ 朝6時15分の気温28℃ 

 今朝6時15分のパラス
逕サ蜒・789_convert_20090418072429
 
 昨日の事ですが、同居の義妹が財布からシニヤシーティセンスの証明を落としました。

 義母の分もです。

 タガイタイ市役所
繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・1192_convert_20090418024048

 チャックが開いていたそうですが、お金は全て有るのです。「もう年なんだから気を付けてよ!」と言っていた矢先の出来事です。

 私もよくチャックを閉め忘れます。(笑)でもこれは20歳前からです。

逕サ蜒・770_convert_20090417205025
 
 カローラがバッテリーがあがり、エンジンが掛かりません。

 それでライト.エースでタガイタイ市役所まで送迎です。

 フィリピン国の父・ホセ.リサールの像
逕サ蜒・772_convert_20090417205152
 
 市役所の一角には、郵便局そして、警察署が有ります。

 タガイタイ警察署
繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・1197_convert_20090418024200
 
 警察署前の広場には、事故車が放置されていました。

 事故検分が終わりレッカー移動されたものです。事故車を見ていると怖いですね、

逕サ蜒・755_convert_20090417204556
 
  ジプニーのタイヤは溝も無くツルツル状態で、バースト寸前です。

 これでお客さんを乗せたらブレーキは効きませんし、それに路面が濡れていたと考えたら恐ろしくなりました。

 
  この国では年に一回の登録更新制度が有りますが、簡単に調べるだけ、民間ですので落ちた話は聞いた事が有りません。

 車が這いつくばっても到着すればOKです。(笑)

逕サ蜒・754_convert_20090417204425
 
  そして街中を走る車は整備不良車が多いです。

 それに運転ですが、相手の車には全く気を使いませんし、常に自分優先です。

 方向指示器を使う訳ではなく、急に発進、右折左折、進路変更でも使う車は極少数です。

 ブレーキランプの故障車の急ブレーキなど、日常茶飯事です。(笑)

逕サ蜒・756_convert_20090417204713
 
  死亡させた場合の賠償金も50万円~60万円プラス葬儀費用が一般的のようですが、被害者側から、「貰えるだけでも運が良かった。」

 との言葉も耳にしたのです。

 泣き寝入りも数多く存在するようです。

 
  市役所に勤務する義弟ダンテの話ですが、このジプニーの乗客に死亡者が出ています。

 居眠り運転との事です。

逕サ蜒・757_convert_20090417204843

 警察の隣りには何故か、市営葬儀社が有るのです。

 あなたも、この大きな米車に乗りますか?
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

こんにちは!
最後の写真の霊柩車で、十数年前の話の覚えで。
米国の霊柩車を製造している会社はリムジンも造っていて
どちらが「主」なかは不明ですが・・・

霊柩車の後方側面にある長細いモチーフ?金属の
棒状のモノは「馬車」の原動力となる「馬」と人が乗る「車」
をつないでるロッドの意味で、側面の窓ガラスとその後ろの窓ガラスの間にボンヤリ光るライトがよく付いてます、
これはリムジンにも付いており、なかには何列も付いたモデルもあります。
この側面についたライトは「馬車」に付けるカンデラを意味
するそうです。
とってもアメリカ的だと関心した思い出があります。

ソニーさん・こんにちは、

 >霊柩車の後方側面にある長細いモチーフ?金属の
棒状のモノは「馬車」の原動力となる「馬」と人が乗る「車」
をつないでるロッドの意味で、側面の窓ガラスとその後ろの窓ガラスの間にボンヤリ光るライトがよく付いてます、

 さすがアメリカで生活していただけあって詳しいですね、それに、商売が車関係だからなお更です。

 馬車をイメージしていたなんて、感心されられました。

 リムジンを作っている会社で霊柩車も製造とは驚きです。

 私はこの地で人生の終焉を迎える為、日本家屋に似た車には乗れません。日本の皆様が羨ましいです。(爆笑)
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。