スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の前は戦場だった

5月12日(火) 晴れ 朝6時の気温25℃

 今朝5時30分のパラス
逕サ蜒・1484_convert_20090512063837

 私がこの国に移住して、一番良かったと思っている事は、我が家から眺める景色なのです。

パラスを始めとする山々、未だ名前さえ分らない山が沢山あります。

逕サ蜒・1465_convert_20090511202140

逕サ蜒・1466_convert_20090511202530
 
 そしてその日により、全く違う姿なのです。

東京に住んでいた時は、自然をこんなに身近に感じた事は有りません。

逕サ蜒・1472_convert_20090511202712

逕サ蜒・1473_convert_20090511203013
 
 自分が生まれ育った埼玉の田舎では、一番高い所が僅か数メートルの利根川の土手なのです。

逕サ蜒・1477_convert_20090511203310
  夕焼けに映えるパラス 
逕サ蜒・1478_convert_20090511203726
 
 私はこの地で暮らせる事に生きている悦びを感じています。

 山の天気は変わり易く、良いお天気だと思っていたのに真っ黒な雲が流れ着き、大雨になったり、霧に覆われていたのに、晴天になったり、予想するのも困難です。

  写真は昨日撮りました。

逕サ蜒・1476_convert_20090511204102

逕サ蜒・1483_convert_20090511204223

 私の家は高台、そしてパラスの山方向を見ますと、途中が窪地のようになっています。
この窪地は、日本軍とフィリピン軍が戦いをした場所です。

 大東亜共栄圏を作るとの、国策の下に何の罪も無いこの国を侵略したのです。

 この場所が戦場だったと、山裾に住むママイ.キクイおじさんが教えてくれました。

 当時子供だったおじさんは、日本の兵隊が怖かったと、いろんな場所を逃げ回ったと云っていました。

 日本軍と戦い足を負傷した亡き義父は、私が毎日眺めているこの場所を、戦場だったと、教えてはくれませんでした。

 私に気を使ってくれていたんですね、それとも思い出したくなかったのかも、知れません。

 
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

ohisashiburidesu

wasurerarenaiuchini coment wov-7
syshin no up arigatougozaimasu.

戦争の問題は、軍部の暴走だけで片付けられないですね。

「大東亜共栄圏」・・・当時の世界情勢からすると、
             思想としては受け入れられます。

             然し、方法論としては、大失敗!
             植民地化から逃れ、独立しようとする
             国々に、支援だけすれば良かった
             のではと、思います。

言い訳等せず、黙って批難を受け入れ、
二度と過ちを起こさない期心を持ちたいです。

戦争等を起こさない世界を理想としますが、
現実はまだまだ遠いようですね。



syota さん・こんにちは、

 お元気そうで何よりです。

 お仕事も順調そうで私も嬉しく思っています。

 お仕事一段落しましたら、又その辺をブラブラ致しましょう。

 お待ち致しております。(笑)

sabangbatoさん・こんにちは、

 >「大東亜共栄圏」・・・当時の世界情勢からすると、
             思想としては受け入れられます。

 私も考え方には一理は有ると思いますが、結果的に残った事は、アジア諸国を支配する欧米諸国に取って変わろうとした姿しか見えてきません。

 まして、その国の住民にまで危害を加え、受け入れられる筈は有りません。

 一方勝てば官軍のように、アメリカがいつも正義であると言うのも可笑しな話ですが、

その様な歴史があったのですね・・

そうだったのですか・・・

大東亜共栄圏・・・

勉強します!

 ソニーさん・お早う御座います。

  >大東亜共栄圏・・・

 日本では臭いものには蓋をするように、過去の負の部分は隠すように見えるのです。学校でも教えませんし、太平洋戦争についても人の依り、180度の解釈の違いが有ります。
 難しいですね、

 でもフィリピン国にも、怖い日本人の印象を与えたのも事実です。

 ここタガイタイの近所でも、教会に収められたマリア像・キリスト像を各家で持ちまわる風習が有りますが、戦時中、教会に集まると狙われるとの事から、隠れてお祈りをした名残であると、聞いています。

 在比の人から、過去の償いはO.D.Aで充分に支払ったと云う人がいますが、歴史認識の違いなのか、悲しくなるのです。
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。