スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でしゃばりは、国民性

5月30日(土) 曇り 朝6時の気温26℃

 今朝5時50分のパラス 
逕サ蜒・2029_convert_20090530065931

 本日は私がこの国で車を運転するようになってからの、困惑した事を書いてみます。
フィリピン国では、運転の試験などは有りません。
 運転は車を運転できる人から習うのですが、交通法規や交通マナーを熟知している人は皆無です。その為、道路は無法地帯と化してしまいます。

逕サ蜒・2025_convert_20090530041741

逕サ蜒・2024_convert_20090530041855

逕サ蜒・2023_convert_20090530041815

 どのくらい前だったでしょうか、バランガイ.コンシハル(役員)をしている義弟のダニーがフィリピン国の交通法規なる印刷物を持ち帰ってきました。それを眺めてみたのですが、世界統一の国際法規に基ずいていますので、日本とは寸分変わらない法規が用いられているのです。

逕サ蜒・2018_convert_20090530041958

 ところが、この国の人達はそれさえも理解していないのです。(笑)一時停止の表示が有っても、、左右確認するだけで通過です。赤信号でも周りを見て通過します。

 
逕サ蜒・2026_convert_20090530042201

 前方の横断歩道に渡る人がいます!いいのです。警笛で追い飛ばしましょう。注意を促して通過致します。(笑)


 大きなトラックがこちらを向いて駐車していますが、いいのです。道路はどこも駐車場です。 

 黄色いセンターラインがありますが、白よりも綺麗だから、塗りました。(笑)

逕サ蜒・2014_convert_20090530041609
 
 追い越しは何処でもO.Kです。走行車線を逆走してくる車がいますが、良いのです。走りたければ何処を走っても、個人の自由は尊重しましょう。

 
逕サ蜒・2013_convert_20090530041520

 子供が運転して来ますが、いいのです。動物園でもお猿さんが運転するでしょう。(笑)

 トラックの荷台に人が満杯ですが、この国には乗車定員は御座いません。乗れるだけ乗りましょう。

 繧ソ繧ャ繧、繧ソ繧、逕サ蜒・1928_convert_20090530194951

 
 そして人を同乗させますと、その人達が騒ぎます。この国の人達は命令ずきの人達です。ヤフージャパンのアンケート調査で、乗せたくない同乗者ランクで、一番嫌われるタイプですね、(笑)

 家の一番下の妹が運転するのですが、いつも運転出来ない姉にS.Mのパーキングとか、他でもそこを曲がれとか、ここに止めろとかの命令を受けています。毎回ですよ、(笑)

逕サ蜒・2007_convert_20090530041149

逕サ蜒・2004_convert_20090530041243

逕サ蜒・2006_convert_20090530041332

 私は以前、義妹や近所の人を乗せてオリバレスのマクドに行った時、全員からカリワ(左)、カリワ・カリワ・カリワと大声で捲くし立てられたのです。反対車線の逆走を運転の出来ない人に命令されたのです。(笑)

 私は日本語で、「うるさい!」と一喝しました。(笑)

 それ以来あまりこの国の人は同乗させたくありません。

 妻は仕方なく乗せますが、夜間相手がライトを上向きで走ってきた場合、「眩しいから上向きに切り替え警告しろ、」と、「運転しているのは俺なんだ」と、「眩しいのは俺なんだ」と、いつも喧嘩です。

 駐車場でも、必ず位置の指図をするのです。私は完全に無視をしますが、でしゃばりは国民性なんですね、義妹もそうですから、それとも人間性の欠陥なんでしょうか、運転も出来ないのに嫌な性格です。(爆笑) 
スポンサーサイト

theme : フィリピン
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

運転手さんにとっては、確かに嫌われるタイプの同乗者
ですね。(笑)

運転はできないけど、何かで貢献したいのかもですね?
 ↑ それが嫌われる要因なんですが・・・(苦笑)

他人からすると微笑ましい気もしますが、
運転してイラついてる時に、訳の解らないアドバイスを
されてもね(爆)

sabangbato さん・こんにちは、

 とにかく煩いですよ、おとなしき乗っていれば良いのですが、自分の存在感を示す為なんでしょうね、

 この国の人5人いれば、5人とも自分の意見を持っています。それを主張するのですから、煩いです。

 日本人の控えめの美学はこの国では通用しません。(笑)
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。