スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

2月7日(日)晴れ 朝7時40分の気温24℃

今朝7時40分のパラス
逕サ蜒・9263_convert_20100207083225

逕サ蜒・9264_convert_20100207083135


今朝も夕べノ飲みすぎたせいか、寝起きの遅い朝を迎えました。お天道様も大分御昇りになっちゃったですね。洗濯日和の日曜日です。また、東京は雪が降ったふったのでしょうか、春未だ遠い感がします。


 この間我が家でもおお騒動が有りました。朝起きると、家族が煩いのです。この国とかかわった人は一度は耳にしたと思いますがアスワンが出没したというのです。それも義弟ダンテ(市役所努めの祈祷師の家に、アスワンと云ってもエジプトに有るアーチ型のダムでは有りませんよ、人間の顔を持つ蝙蝠なんです。ドラキュラのようなもんでしょう。(笑)ことの起こりはダンテが飼っているバトバト小型の鳩)が何者かに襲われたのです。

逕サ蜒・9125_convert_20100207102817

逕サ蜒・9126_convert_20100207102914


 それも頭と臓物がえぐられた状態で鳥篭の下には無数の羽g散らばっています。籠自体ちいさな網目ですからアスワンに違いないと騒ぎ出したのです。

逕サ蜒・7062_convert_20100207090238


そして他にも飼っていたバトバトンリガート云うもっと小型の鳩もアスワンにおそわれるからと逃がにがしちゃったのです。綺麗な声で鳴いていたのに!なんて優しい心の持ち主なんでしょう。

逕サ蜒・9123_convert_20100207110924

 この国はキリスト教国(カトリック教信者国民の8割その他のキリスト教信者国民の1割)なんですそれならば教会のかみさまやイエス様だけをしんじていればよいのですが古来からの土着の信仰もあわせもっているのです。土地に住む精霊達や山に住む妖精にも敬意を払うのです。

逕サ蜒・9227_convert_20100207111116


そして今回のアスワン騒動にしても人の話は何のためらいも無く信じてしまいます。チスミス話の大好きな人達なのです。


此処タガイタイにも古くから言い伝えが有り、タール湖には人間を食べる魔物がすんでいるから近づくなと昔の人からの伝承された噂があるのです。タガイタイの人は本当にタール湖には近づきたがりません。
カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。