スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運が舞い降りる

1月2日(土)曇り 朝6時00分の気温22℃


 本日はただ何となく頭の重い起床です。飲みすぎのせいも有るのですがお天気のせいですね、また寝ちゃお~

 再度、起きましたよ!それにしてもライトビールは度数が弱い筈なのに効きますね、ジンで割ったからなんですね、(大笑)

今朝6時20分のパラス方面
逕サ蜒・8379_convert_20100102073221

逕サ蜒・8380_convert_20100102073355



 昨日は元日、家の前は車の大渋滞!サウスハイウェイを利用し、サンタロサからタガイタイにやってきた車なのです。本当はタガイタイに何がしかのお金を落としてくれるので大歓迎なんですが、中には窓から、タバコの吸殻ぐらいは可愛いのですが、ファーストフード店でテイクアウトした食べ残しまで落としてくれるのは大迷惑です。それもごっそり!自分の車の中は綺麗でしょうが、

逕サ蜒・8367_convert_20100102073457

逕サ蜒・8368_convert_20100102074129



 私は移住直後、半年以上家の前の道路掃除していたのですが、掃除している目の前に、投げ出されるゴミを見た!悲しい経験が有るのです。 家人からは「道路掃除は貧乏人の仕事、私のやる事ではない」と、時々、通行する若者が「有り難う!」と声を掛けてくれました。その言葉が励みになりましたね、私と共通の考えを持つ若者がいたのです。

逕サ蜒・1776_convert_20090527020327

逕サ蜒・2123_convert_20090609071442



 律儀で綺麗好きな日本人でさえ、置き土産のゴミ、富士山は世界遺産の審査で落選しました。 習慣的ポイ捨てのこの国では近年、我が家から見える フィリピンの聖地 Mt.バナハウ(2177mケソン州)が巡礼者、そしてフィリピン国一の登山客の出すゴミ問題の為、近年、入山禁止の法律を可決したのでした。 その後はどうなったのでしょうか?

逕サ蜒・8361_convert_20100102073608

逕サ蜒・8365_convert_20100102073946

逕サ蜒・8366_convert_20100102074032



 この国の人達は自分のゴミはよそに捨てるだけなのです。それがお隣であっても暗くては誰にも見えませんから、(笑)お墓の掃除に行っても隣地から投げ出されたゴミに唖然と致します。

 日本のクリスチャンは他人に迷惑を掛ける事は原則いたしませんが、国民の9割がクリスチャンのこの国では教会の中に居る時だけがクルスチャンだったのです。(大笑) 写真は私の畑への贈り物でしょうか、

逕サ蜒・8364_convert_20100102073859

逕サ蜒・8363_convert_20100102073812

逕サ蜒・8362_convert_20100102073714



 私のパイナップル畑ですが、ブロック塀で囲まれた中で、裏の家しか接していない筈なのですが、 新品だったら良いのですが、汚物入りのパンパースは何処から舞い降りたのでしょうか、これで今年は運が舞い降りるかも知れませんね、(大笑)

theme : フィリピン
genre : 海外情報

此処はフィリピン国なのでしょうか、

12月31日(木)晴れ 朝6時00分の気温22℃


 ついに本年も大晦日、本年3月6日から書き創めた日記ですが、一日の休みなく本日まで書く事が出来ました。これも皆様方からの励ましのお陰であるとご感謝申しあげます。有り難う御座いました。

 来年も面白くないかも知れませんが、本年同様宜しくお願い申しあげます。

 新年が皆様方にとり素晴らしい一年である様、タガイタイのこの地よりお祈り申しあげます。

今朝のパラス方面 陽の出 6時30分
逕サ蜒・8204_convert_20091231073310

逕サ蜒・8203_convert_20091231073352



 私の家からパラス.インザスカイの山を望んだとき、すそ野に広がるサウス.リッジ(サブデビション)の素敵な各家をご覧下さい。

私の家を訪れた邦人の方が、家の前に遠く建ち並ぶ各家を眺め、今まで持たれた貧乏国フィリピンの印象を思い直すのです。 貴方はどの様にお感じになりますか、この家をお建てになった方は殆どが、フィリピン人の方達なのです。

逕サ蜒・8199_convert_20091230175955

逕サ蜒・8200_convert_20091230180046



 私が毎朝、朝焼け、や 陽の出を撮る同じ角度から昨日写しました。すそ野には、お瀟洒な各家が散在致します。

逕サ蜒・8185_convert_20091230173150

逕サ蜒・8186_convert_20091230173233

逕サ蜒・8187_convert_20091230173317



 個性ある各家を遠めに眺めた邦人の方は「此処はフィリピンではない!」と口を揃えて申されるのです。

逕サ蜒・8188_convert_20091230173409

逕サ蜒・8189_convert_20091230173452

逕サ蜒・8190_convert_20091230173535



 未だ建築途中の家も有りますが、全て建築が終るとどの様な感じになるのでしょうか、

逕サ蜒・8191_convert_20091230173615

逕サ蜒・8192_convert_20091230173656

逕サ蜒・8193_convert_20091230173737



 このサブデビションも週末しか照明の点らない、別荘的家が多かったのですが、今では常時照明も点けられている家が増えました。お仕事は此処から通っているのですね、  

逕サ蜒・8194_convert_20091230173816

逕サ蜒・8195_convert_20091230173854

逕サ蜒・8196_convert_20091230173943



 昨日、望遠で覗きましたら、豪華な家ばかりなので驚いております。此処が貧乏国と云われているフィリピンなのでしょうか、

逕サ蜒・8197_convert_20091230174030

逕サ蜒・8198_convert_20091230174117



 本日新年を迎えるカウントダウンが始まりますが、経済的に余裕の有る各家から打ち上げられる花火が圧巻なのです。 皆様にもご覧になって頂きたいのですが、(笑) 今夜も独り占めです。(大笑)

theme : フィリピン
genre : 海外情報

年老いて、ふるさとへ、

12月28日(月)晴れ 朝5時50分の気温22℃


今朝5時50分のパラス方面
逕サ蜒・8004_convert_20091228072621

逕サ蜒・8005_convert_20091228072700

逕サ蜒・8006_convert_20091228072736



 クリスマスも無事過ぎ、キャロリングの喧騒さからも解放された今日この頃ですが、再び新年を迎える年末も近づき花火の音が聞こえ出して来ました。


 クリスマスには近所のサブデビションに住む、アメリカの叔父さんの家にも訪問したのです。

逕サ蜒・7943_convert_20091225221820



 この叔父さんはアメリカの退役軍人なのです。若い頃アメリカ移住を志ざし、子供達と共にはアメリカに定住していたのですが、定年を迎えた数年後から、アメリカ半分、フィリピン半分の生活をするようになりました。

 そして今では、フィリピンでの生活が永くなってきたのです。人生の終焉は故郷のフィリピンと決めているようです。そういえば私の周りでも、年老いてこの地に戻ってくる人を多く見掛けます。鳩の帰巣本能に似ている気も致します。

逕サ蜒・7932_convert_20091225222055

逕サ蜒・7938_convert_20091225222500



 私なりの考えですが、フィリピン国は貧乏国ゆえ大家族主義、そして周り中親戚だらけ、それに輪をかけ、複雑にニノン・ニナン制度が絡み合い、雁字搦めの世界なのです。それゆえ貧乏人でも一生、人に頼りながら生きて行けるのです。 またカトリック教会でもたすき掛けのニノン・ニナンではなく、横に広げたニノン・ニナン制度を奨励しているのです。前ニナンになって貰ったから、今度は此方がニナンにとのやり方は駄目なのです。新しく人を絡めて行くので国民が全て絡まりますね、(笑)

 核家族化された日本では自分の事だけ考え生きて行けますが、この国では自分だけ一人大きくはなれません。周りに施しを与えながらでないと、反発を受けてしまいます。 このドロドロとしたしがらみを嫌い、海外に移住する若者も多いのですが、年老いて来ると、このドロドロとしたしがらみ、言い換えれば人と人との絡み合い、人間としての温かさを求めて戻って来るようです。

逕サ蜒・7935_convert_20091225222149



 この叔父さんは毎年、クリスマスには100ペソ(約200円)を入れた袋を沢山作り、訪れる人達にプレゼントしてくれるのです。そして、これが一律なものですから、親戚なら未だよいのでしょうが、段々噂が広がり見知らぬ人も大勢訪れるようになったそうです。それで馬鹿らしくなり昨年から方針を変え止めたそうです。

 本来ですと年齢的に貰う立場なのですが、今までの事も有り、誰もプレゼントは持って行きません。お金持ちは施すだけなのですね、

逕サ蜒・7937_convert_20091225222413

theme : フィリピン
genre : 海外情報

近所の親戚の家、お祓い

12月22日(火)曇り 朝6時10分の気温21℃



今朝6時10分のパラス方面
逕サ蜒・7791_convert_20091222071318

逕サ蜒・7792_convert_20091222071404



 本日は日記に書ききれなかった神父さんによるお祓いの様子を、写真にてご覧下さい。

逕サ蜒・7693_convert_20091222053347

逕サ蜒・7695_convert_20091222053455



 フィリピン国はキリスト教信者約90%(カトリック教信者約80%・その他のキリスト教信者約10%)その他の宗教10%の国なのです。1571年カトリック教を持ち込んだスペインにより植民地化される訳ですが、その時に国としての形成を成していたのは、イスラム教を信じるスルー諸島など、ミンダナオ地方だけだったそうです。それ以外はバランガイと呼ばれる血縁集団しかなかったそうです。 よく在留邦人の方から、奥さんの実家の近くに居を構えたら、周りが親戚ばかりだったと、耳にします。そう云う私も例外ではなく、その辺に石を投げると親戚の人に当たるでしょう。

逕サ蜒・7701_convert_20091222053542

逕サ蜒・7702_convert_20091222053643

逕サ蜒・7703_convert_20091222053748



 私の住むフランシスコバランガイ(最小行政区)を管轄する教会の神父さんに、悪霊を払うお祓いを行っていただきました。日本でもその地域を管轄とする神社の神主さんに、お祓いをお願いするのと同じですね、ただ違うのは神主さんの場合、お塩にお米、お神酒ですが、神父さんの場合、聖水を使用致します。

逕サ蜒・7721_convert_20091222053900

逕サ蜒・7713_convert_20091222053954



 神父さんはお祈りをしながら聖水にて悪霊を祓います。私たちはキャンドルを持ちお祈りをしながら後から付いて行きます。

逕サ蜒・7710_convert_20091222054049

逕サ蜒・7709_convert_20091222054236



 そしてお祈りは無事終了し、全員キャンドルの火を消し玄関先に集まったその時です。「チャリチャリン!」コインを蒔く音がします。 あぁ~残念!私は写真を撮っていた為、間に合いません。 この地方では結婚式の日、花嫁が花婿の家の玄関を潜った時にもコインを撒きますね(この地域では入り口を狭くして花嫁・花婿は潜って家の中に入るのです。)日本でも上棟式の時、撒くのと同じ意味合いなのでしょうか、

 私が育った田舎でのお葬式、お寺で喪主が撒いたお金を拾った記憶が有るのですが、

逕サ蜒・7763_convert_20091222083158

逕サ蜒・7766_convert_20091222083256



 そして待ちに待ったタダ飯をご馳走になりました。義弟ダンテ(市役所努めの祈祷師)と一緒に食べますが、小柄なのに分量は私の倍です。とにかくこの国の人は大量のご飯をよく食べますよ、もしかしたら胃が大きく拡張し、食い溜めが出来るのかも知れません。私も早くそうなるよう努力してみます。(大笑)

 そして家に着いた妻の話、拾ったコインは見たことも無い物、何とドバイのコインが混ざっていたそうです。出稼ぎ先はイギリスとばかり聞いていたのに、若夫婦たちはドバイで働いていたのです。私の家族達も初耳だったとか、この国では出稼ぎ先の国名でも優劣をつけ、アメリカ、カナダ、イギリスは上ランク、アジア、アフリカは下ランクとか、

 これでお風呂の謎が解けました。イギリスは温水浴の習慣はなく、世界中から投資マネーの集まったドバイでは、水をふんだんに使う事は大金持ちの特権なんでしょうね、そして池にはフィリピン国の金持ちの象徴、ジャパニース・コイが泳いでいました。

逕サ蜒・4863_convert_20091222055553
 完成した浴場は公開されませんでしたので以前の工事中の写真を、右にも広いのです。浴槽も大きく浴室2.5坪は有ります。5畳ですよ!


逕サ蜒・7728_convert_20091222091047

逕サ蜒・7731_convert_20091222091422
 

theme : フィリピン
genre : 海外情報

近所の親戚の家、新築公開!

12月21日(月)曇り 朝6時10分の気温22℃


今朝6時10分のパラス
逕サ蜒・7791_convert_20091221080307

逕サ蜒・7792_convert_20091221080348



 昨日、朝9時頃でしょうか、PCに向っていると、義妹から声が掛かります。家の斜め向いに有る亡義父の従兄妹の家から新築住宅の完成披露と神父さんによるお払いの儀式が有るとの知らせでした。

逕サ蜒・7750_convert_20091221074641

逕サ蜒・7749_convert_20091221074731

逕サ蜒・7666_convert_20091221075915



 この家は以前も日記に建築途中の様子を写真に載せた家で、半年以上の時間を費やしやっと完成したのです。

 タガイタイはフィリピン国カビテ州のはずれに有る丘陵地帯です。その為、緩い傾斜地が多いのですがこの家の土地も緩い北傾斜地に存在致します。日本ですと日当たりその他の関係で、南傾斜高台、そして南道路・東道路が好まれ東南の角地が一等とされています。これも世界各国の気象状態や、その他の関係で様変わりするようです。

逕サ蜒・7664_convert_20091221075726

逕サ蜒・7663_convert_20091221075822



 この家は玄関を入り階段を下りると2階に上がる吹き抜けの階段、そして吹き抜け下の広間が有り、その隣りには広いリビング.ダイニングキッチンが有ります。

逕サ蜒・7669_convert_20091221091256

逕サ蜒・7667_convert_20091221091148

逕サ蜒・7673_convert_20091221080003


 
 このダイニングキッチンですが、中央にガスレンジが有るのです。一般的に考えた場合、排気・換気の面から壁際に寄せるのですが、前からあまり理解出来ないでおりました。 ただガスレンジの換気フード及び換気筒は屋根まで突き抜ける煙突へと接続されているのです。洒落たつもりなのかも知れません。

 そして1階には、洗濯・乾燥室、メイドルームまで備えられているのです。 
 
逕サ蜒・7649_convert_20091221074858

逕サ蜒・7655_convert_20091221075544

逕サ蜒・7656_convert_20091221075441

逕サ蜒・7658_convert_20091221075327



 この家の特徴は傾斜を上手く取り込んだ変化有る部屋作りと、贅沢な吹き抜けですね、この国ではある程度大きな家になりますと、階段を吹き抜けにする家が多いです。日本の場合は土地も高く、快適さより、実質面を優先する為、夢の空間です。

逕サ蜒・7647_convert_20091221075029



 そしてこの部屋がこの家の若主人の部屋ですが、海外出稼ぎ労働にてお金を貯え帰ってきたのです。晴れのこの日を迎える為、人には云えぬ苦労も有った筈です。 この部屋の右側には、この日は公開されませんでしたが、家族全員で入れる大浴場が有るのです。

 私は工事中の時、無理やり見せられたのですよ、亡義父の従兄妹より、子供の出世が嬉しかったのでしょうね、

逕サ蜒・7651_convert_20091221075129

逕サ蜒・7653_convert_20091221075220



 上の写真は子供部屋ですが、各部屋に大きな専用のシャワールームに専用トイレが付いています。

 アレッよく見たらエアコンまで! ナチュラル・エアコンの吹くタガイタイには似合わないでしょう。

  もしかしたら飾りか、(大笑)

theme : フィリピン
genre : 海外情報

カウンター
ダニエル写真館
ここをクリック
プロフィール

タガイタイ.ダニエル

Author:タガイタイ.ダニエル
 
 私は35年前、妻と結婚、東京で暮らして来ましたが、還暦を期に4年前、妻の故郷フィリピン国タガイタイに移住して来ました。
 
 タガイタイ市、はフィリピン国カビテ州のはずれに存在し、タール火山の外輪山上に形成され、標高500~700Mの高地です。
 その為、南国フィリピンにしては比較的涼しく、夜間は寒さにふるえる事も有ります。

 首都圏マニラより約60KMと近い為か、大物政治家、実業家、著名人の別荘が目に付きます。

 タガイタイの主な産業は、昔からのコーヒー栽培とパイナップルを代表とするフルーツ栽培です。
 観光を目的にする為か、豚の飼育、悪臭を放つ養鶏、ゴミの焼却も市条例により、禁止されています。

 我が家からはマルコス元大統領がアメリカ国レーガン元大統領と会談する為、迎賓館を作ろうと着工されましたが工事半ばにして、エドゥサ政変により失脚、未完成のまま放置されたパラス.インザスカイの山が見えます。
 
 現在タガイタイ市の管理の下に一般に公開されています。
 
 ここに登りますと、タール湖に浮かぶタール火山、Mt.マキリン(1130mラグナ州)、 Mt.バナハウ(2077mケソン州)、 Mt.マコロット(バタンガス州)、フィリピン一広いラグナ湖、マニラ首都圏まで一望出来ます。


 また徒歩圏内には、タール湖に浮かぶタール火山を眺めるビューポイント、 ピクニック.グローブ.コンプレックスもあります。
 
 

リンク
世界時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。